TOP > 症状 >  膝痛

膝痛

膝痛の種類

膝痛には大きく分けると①外傷性の疾患(スポーツ障害)、②リウマチなどの内臓性、
③加齢によるもの、④もともとの膝の形に起因するもの、⑤ストレスによるものが上げられます。

①外傷性の疾患(スポーツ障害)

ジャンパー膝(膝蓋腱損傷)
ジャンプをする動作を繰り返すことによりにより、膝蓋骨と脛骨粗面の間にある膝蓋靭帯を損傷して痛みが出るもの。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)
膝関節の外側にある腸脛靭帯がすれて痛みが出るもの。長距離ランナーに出やすい。

オスグットシュラッター病
10代の子供に出やすい病気で脛骨粗面の痛み、変形隆起による痛みがある。

半月板損傷
ねじれ運動により半月板に亀裂が起きたものを言う。

靭帯損傷
内側側副靭帯断裂(外側側副靭帯断裂)、前十字靭帯断裂後十字靭帯断裂)がありいずれも激しい運動により靭帯が断裂しいたみがでるもの。

棚障害(滑膜ヒダ症候群)
膝蓋大腿関節の内側に痛みが出るもの。膝関節屈伸時に索状物が挟まり痛みが出る。主に内側。

②リウマチなどの内臓性

現代医学では膠原病としてとらえ自己免疫疾患としてみている。
東洋医学では骨の病気は腎に配当されており、今で言う腎臓の強化を行うとよくなります。

③加齢によるもの

変形性膝関節症: 加齢により膝関節の周囲が変形を起こして痛みが出るもの。
日常生活によるゆがみもこれに含まれます。

④もともとの膝の形に起因するもの

馬足(大腿骨はまっすぐなのに膝下がO 脚になっている)のために膝に負担が来て痛みが出るもの。
O脚X脚により膝に負担がきて痛みが出るもの。

⑤ストレスが原因で膝が痛むもの

いやなことがあったり、精神的ショックがあっても膝が痛む場合があります。

膝痛の痛みの出る部位

膝の痛みに関する神経は主に腰椎部(L)から出ており腰椎2番(L2)から腰椎5番(L5)が大きく関わっています。

① 膝の内側
L4(腰椎4番)に起因する痛みが出てくる場所です。
② 膝の外側
L3(腰椎3 番)に起因する痛みが出てくる場所です。
③ 膝の上
L2(腰椎2 番)に起因する痛みが出てくる場所です。
④ 膝の深部
L5(腰椎5 番)に起因する痛みが出てくる場所です。

膝の痛みの種類と痛みの出る位置は大体上記のとおりです。

では痛みの出る原因はいったい何なのでしょう?
スポーツのやりすぎ、加齢による膝への負担、内臓の病気などありますが、
では、何故スポーツのしすぎで、何故加齢によって、何故内臓の病気になるのかを考えた場合
ひとつの答えが出てきます。
スポーツのしすぎでは同じ動作をすることによってよく使う筋肉が緊張してきます。
また、年をとると毎日同じ動作をしてきたためによく使う筋肉が緊張を起こします。
そうしますと体全体から見ますとよく使う筋肉が緊張することにより必ずゆがみが生じています。
体がゆがむと次第に内臓がストレスを感じさらには内臓病へと移行してまいります。
スポーツのやりすぎで体がゆがむ、加齢により体がゆがむ、体がゆがむことにより内臓の病気になる。この図式が現れてくるのではないでしょうか。
このように考えると体のゆがみが膝痛の原因だと考えることが出来ます。もちろんスポーツをすると膝に負担がかかりますが同じスポーツをしていても膝が痛まず腰が痛んだり手首が痛んだりする人もいます。そう考えますと、体全体がゆがみ、たまたまその人は膝が痛くなり、また人によっては腰にきたり、手首にきたりするのではないでしょうか。

膝痛の当院の施術法

当院では病気の根本原因動画)は栄養、ストレス、体の歪みにあると考えております。この3つを正しますと様々な症状が早く改善します。その中でも体の歪みについてはほとんどの方は知りません。どんな疾患の方でも必ず体全体の歪みがあります。体が歪んでいますとちょうどホースがねじれた状態に体がなっており中の水の出方が悪い状態になっています。つまり血液、リンパなどの流れがわるくなり様々な症状が出やすくなっています。体が歪んでいる人は前後、左右、回旋動作でやりにくい動作があります。これを正すと歪みが取れ様々な症状が一度に回復し始めるのです。その後膝に対するアプローチを行いますと早い回復が期待できるのです。一度受けてみてください。

膝痛に関する記事

70歳代女性、膝の痛みの取り方

2018.10.12 膝痛

70歳代女性左ひざが痛くて曲がらないとのことで来院、カウンセリングで週2回ほどスポーツジムにいっておりマシーントレーニングを受けているとのこと。下半身バリバリでした。足の内側部が無茶苦茶緊張しておりましたのでそこの緊張をとりました。そうしますと膝の痛みは取れてしまいました。

あとは体全体の歪みを正して終了です。膝の痛みだからと言って膝ばかり見ていてもよくなりません。体全体を見ることが必要になります。

アメブロと動画はこちらから

へバーデン結節、股関節痛み、膝痛、足の長さが2センチ違う、背中の痛みありの女性患者さん来院

2018.09.07 当院のヘバーデン結節の治療事例と症状,股関節痛,肩こり,膝痛

昨日、大阪からへバーデン結節、股関節痛、背中の痛みをお持ちの60歳代女性患者さんが来院されました。なんと足の長さが2センチくらい違い、長さが違うのでびっこをひいているような感じで歩かれていました。

へバーデン結節のほうは私の書いているヘバーデン結節解消プログラムで痛みがなくなりました。1年ほど前に左膝を痛めてから右の股関節が曲がらなくなり痛みが出てきたとのことです。

カウンセリングをしますと食べ物のほうは現在は改善しているとのことでしたので、体の歪みを中心に改善することにしました。

均整体操で全体の歪みをと正しました。これだけで足の長さが1センチ戻りました。体全体の柔軟性が出てきました。

その後均整法により細部の施術をいたしました。骨盤がかなり歪んでいましたが施術が終わると足の長さがそろってしまいました。今まで歩きにくかったのがウソのように歩けるようになりました。今月末に再来院いたします。

 

 

裸足で外を歩くことの勧め

2018.08.02 膝痛

先日、急に右膝が痛くなりました。原因は足に合わない靴を履いたからであります。友人に施術してもらい楽になりましたが、右足が非常に硬くなっていましたので足の裏を刺激しておりました。そして一番聞いたのは外を裸足で歩くことでした。朝、犬の散歩をするときに裸足で歩きました。足が疲れた時など昔に裸足で歩くと楽になることがわかっていましたので今回も試しに歩いてみました。15分くらい。足全体が柔らかくなるのがわかります。当然膝も楽になりました。

昔クラブ活動で剣道部、柔道部などの生徒がよく裸足でランニングしていたのは実は足が柔らかくなり、けがの予防に大いに役立っていたのだと思います。今はあまり見かけませんが理にかなったことをやっていたのだと思います。

皆さんも一度朝、裸足で15分ほど外を歩いてみてはいかがですか?(ガラスなども落ちている場合がありますのでケガには十分気を付けて自己責任で行ってください。)。

フランスからの患者さん踵の痛みで来院。

2018.07.10 症状,膝痛

以前に来院されたフランスの患者さんが再来院されました。2月に来院された時はピアノコンサートの後肩が上がらなくなり、紹介で来院されました。次のコンサートにまでには無事治り事なきを終えました。

今回は、1メートルくらいの高さから飛び降りた時に踵が痛くなり3週間たっても痛みが取れないということで来院されました。

体を見てみますと踵が異常に硬くなっていました。均整法では打撲に有効な方法があります。先日も転んで頭を打って顔にあざができた患者さんが来院されましたが、その施術をしましたら次の日にはあざが引いてしまいました。本人はびっくりしていました。

そういった方法を交えて施術を行いましたら踵の硬いのが柔らかくなり踵の循環がよくなりました。そうなりますと炎症が早く引き治癒へと導きます。楽になって帰られました。

50歳代後半女性でへバーデン結節、膝痛、喘息をお持ちの患者さんが来院されました。

2018.06.07 当院のヘバーデン結節の治療事例と症状,症状,膝痛

へバーデン結節で右の中指第一関節が腫れて痛みがあり、両膝痛、喘息、右耳の詰まりをお持ちの50歳代後半の女性患者さんが来院されました。

カウンセリングを行いますと食べ物では甘いものが大好きということでしたのでこれを一定期間やめてもらうことにしました。へバーデン結節などの慢性症状をお持ちの方は食べ物ではアルコール、たばこ、コーヒー、紅茶、緑茶の濃いもの、甘いもの(果物含む)が原因となりますのでまずそれを止めて水を飲むのが改善の早道となります。こちらを見てください。(動画)。

ストレスを取り除く方法を解説しまして。あとは体の歪みをとるだけで在ります。見た目の歪みだけではなく、前後、左右、回旋動作でやりにくい動作が一つでもありますと体は歪んでいます。これを改善するために均整体操をしてもらいました。均整体操で体全体の歪みを正し、均整法の施術で体の細部の調整を行いました。指の痛み違和感はなくなりました。両膝痛の原因は足の形にありました。膝から下が外側に膨らんでいて馬足になっていました。この形の人は立っているだけで膝内側に重心が来ますので膝の内側が取りをとりますと痛くなりやすいのです。それを改善するためには足の甲外側の緊張を最初に取り除き脛骨、腓骨を伸ばす必要があります。それを行ったところ膝を深く曲げても痛くなくなりました。本人はもう膝を深く曲げれないと思いこんでいたようですが原因を追究すれば一般ではだめだと思っていた症状が実は簡単なことでよくなります。膝痛ではいろいろな治療所に行っていてもう半ばあきらめていたようですが痛みがなくなり喜ばれていました。

こちらの患者さんは肩こりもありましたが。それもよくなり喜んでお帰りになりました。

体全体の調子が悪い70歳代女性来院

2018.05.03 坐骨神経痛,症状,脊柱管狭窄症,膝痛

先日、体全体の調子が悪い70歳代女性患者さんが来院。

具体的には左肩甲骨付近を中心とした部分の痛み引きつり、両目の黄斑変性手術3回、今でも目の引きつり違和感がある。左大腿骨頚部骨折による手術、手術はうまくいったが左坐骨神経痛あり。左膝痛による手術、ボルト埋め込み手術を行ったが深く曲げられずにしかも痛みがある。

ウェブサイトをいろいろ見ているうちに当院のサイトを見つけ来院。

早速カウンセリング、すべての病気の根本原因動画はこちら)は栄養、ストレス、体の歪みにあることを説明。

その中で栄養のところでは体の調子の悪い人は食べてはいけないものがあります。アルコール、たばこ、コーヒー、紅茶、緑茶の濃いもの、甘いもの(果物含む)などです。これらの物は内臓特に腎臓にストレスをかけるからです。

腎臓にストレスがかかりますと関節、脳脊髄、髪の毛、泌尿器、生殖器、歯骨、膀胱、耳鼻咽喉、血液(特にコレステロール、中性脂肪の数値が高い人が多い。)に影響を与えます。

こちらの患者さんは関節に痛みがありました。しかもアルコール、コーヒーが好きでしたのでこれを一定期間やめてもらい水をよくのむことを行うようにお願いしました。これができるかどうかで治りが早いか遅いかが決まりますのでこの部分は詳しく時間をかけて説いたしました。

ストレスは体の不調が原因となっていますので、早く体ををよくすることを考えました。

最後は体の歪みですが、肩が下がっているなどの見た目の歪みだけではなく、前後、左右、回旋動作のうちで一つでもやりにくい動作があれば体はゆがんでいることになります。こちらの患者さんは歪みが大きくそれが原因で膝痛を起こしていることがわかりました。膝そのものではなく肩甲骨の左の緊張が強く筋膜を引っ張りそれが膝に影響を与え痛みが出ていたということです。この場合は体全体の歪みを正すことが痛みを早く解決することになります。

目の問題も同じで目の場合は下肢の外側に緊張がかかる体型の人は目が悪くなりやすいのです。つまりその部分の筋膜の緊張が目の周りの筋膜を引っ張り血液循環が悪くなり目の病気になるのです。こちらの患者さんは肩甲骨左の緊張が膝痛を起こし、膝外側の緊張が目の異常を起こしていたのです。

こういったことを40分ほどかけて説明しその後体の施術を行いました。均整体操、均整施術を行うと前後、左右、回旋動作が整い体全体が楽になりました。定期的に来院されることになりました。

この日は長時間立ちっぱなしのパーティーがありましたが痛みなく過ごせたということです。

モートン病の女性患者さんが来院。症状は左足先の痛みしびれ、右小指の痛みしびれ、膝痛、血糖値高めなど

2018.04.03 当院のモートン病の治療事例と症状,症状,糖尿病,膝痛

モートン病の女性患者さんが来院。症状は左足先の痛みしびれ、右小指の痛みしびれ、膝痛、血糖値高めなどがありました。

カウンセリングで病気の原因を説明し、足の指を開くと気持ちいいいとのことで筋膜の緊張が主な原因と推測。均整法の傾斜圧部位の調整と足の指甲の調整を行うと痛みがなくなり、できなかった正座もできるようになりました。膵臓周辺の筋膜の緊張がありましたので経絡の調整法で緊張をとり体全体の歪みも正しました。すると足の痛みがなくなりしびれも軽減しました。あと2~3回の通院で全快予定です。

モートン病は神経の腫瘤ができる病気ですがほとんどの足の痛みは腫瘤ではなく筋膜の緊張によっておくります。こういった人はポイントの筋膜の緊張を正せば世の場で楽になります。

最後に一言もっと早く来ればよかった

膝痛

2018.03.22 症状,膝痛

膝痛の70歳代女性患者さんが来院。以前来院してよくなりましたが最近また調子が悪いということで来院されました。

膝から下がO脚になっており、体型上の問題により膝に負担がかかることにより痛みが出るタイプで在りました。こういった場合は膝から下を伸ばしてあげなくてはなりません。そのためにはこの体型の人の重心のかかった部分を解かなければなりません。上胸背部の緊張が強いのでその分の緊張をとりますと自然と足の緊張が取れO脚が伸びてきます。すると足の痛みはなくなります。

但し、お年がいっていますので反復の施術が必要になります。月に2回ほど来院することになりました。

膝痛

2018.02.01 症状,膝痛

膝痛の女性患者さんが来院。もともと右膝痛がありましたが、先日の雪で転びおな足の膝を痛めてしまいました。

外傷は右ではなく左膝にありましたので筋膜が突っ張ったために損傷し痛みが出、曲げられなくなったと判断いたしました。

こういった場合は交通事故と同じで全身の筋膜の緊張を取り除くことが早く改善する方法ですので、最初に均整筋膜体操の抵抗法を行い全身を動かしてから均整法の施術を行いました。特に腹部の緊張が強かったのでその部分の施術も行いました。すると曲げられなかった膝が5割り程度曲がるようになりました。あとはまた来週に来てもらうことにいたしました。

膝痛

2018.01.21 症状,膝痛

40代膝痛女性患者さんが来院。仕事が忙しく、仕事で物を運んでいてだんだん痛みが出てきたとのこと。

体を見てみますと体全体の筋膜の緊張が見られました。当院では痛みの部位だけを施術することは致しません。ホールパーソン、つまり体全体を診る施術をしております。

膝痛といいますと普通は半月板、軟骨の損傷、膝の変形などを考えますが、膝の変形、軟骨のすり減りがあってもいたくない人はいたくありません。体全体の歪みが原因でそのしわ寄せが膝に出ている人も多くいます。この患者さんも正に体全体の歪みが原因でそのしわ寄せが膝の痛みとして出ていました。膝の施術はほとんど行わずに体の歪みを正すことにより施術終了です。痛みも取れ喜んでお帰りになりました。この理論は均整法の12種体型論に元をなしております。こういった施術を希望の方はお近くの均整院、均整施術所で受けることをお勧めいたします。

↑PageTop

お電話03-5370-6780)又はインターネットからご予約頂けます。


三起均整院 - 整体・均整

東京都杉並区久我山4-2-4 久我山センタービル B-201
TEL 03-5370-6780/050-1479-1135
受付時間 9:00~19:00 完全予約制 (休診:日・水・祝)

腰痛肩こり坐骨神経痛膝痛四十肩・五十肩リウマチヘバーデン結節モートン病小顔うつ病...


最新記事

カテゴリー

月別