TOP > 症状 >  小顔

小顔

フジテレビみんなのニュースで解説する院長
小顔・リフトアップで

10年前の自分に戻りませんか?

何故、顔はたるんでしまうのか?

なんでもそうですが必ず物事には原因があります。顔や目のたるみ(眼瞼下垂)にも原因があります。皮膚表面に栄養・神経の働きが十分いきわたってないためにそれが起きるのです。

では何故皮膚表面に栄養・神経の働きがいきわたらないのかといいますと、顔面の深層部の筋膜が緊張を起こしているからなのです。

顔に限らず体全身たるみのある場所には必ず、その深層部に筋膜の緊張があります。それは体全体の歪みから来ています。

栄養の問題、人間が必要な栄養素は米国のND(ナチュロパシックドクター)は90種類必要だといっています。内訳は60種類のミネラル、16種類のビタミン、12種類のアミノ酸、2種類の脂肪酸です。

それらが足りなくても栄養は皮膚に行きません。また、食品添加物、アルコール、たばこ、コーヒー、紅茶、緑茶、甘いもの(果物含む)の取りすぎは腎臓を疲れさせますので皮膚にもよくありません。

ストレス、これも皮膚にはよくありません。

 

それを改善する方法は

原因を取り除くことであります。すべての体の問題は栄養、ストレス、体の歪みにあります。詳しくはこちら。(動画)これら3つを同時に解決しますと早く効果が実感できます。

特に体の歪みを正してから小顔・リフトアップ・眼瞼下垂の操法を行いますと効果的であります。
当院の小顔・リフトアップ・眼瞼下垂の施術は東洋医学の経絡を使います。

直接顔に施術するのではなく、足、手を用いて引き締める施術をいたします。深層部にある筋膜の緊張を取り除くにはこの方法が効果的なのです。

全身に縦横無尽に張り巡らされています筋膜は重心部分が緊張しています。それを先に解きますと体の歪みが取れてきます。そのうえで手足を使った施術を行いますと顔のリフトアップだけではなく全身が引き締まります。

ご高齢者の方でもこの方法ですと引き締まってきます。同時に体の調子もよくなってきます。継続的な施術をしますと体の不調はなくなり小顔・リフトアップ・眼瞼下垂が改善した顔も手に入れることができます。

最初が肝心ですので安定するまで週一回の施術を数回受けることをお勧めいたします。

また当院にはホルミシスルームが設置してあり施術受けた方は無料で30分間ご利用できます。

ホルミシスルームとはラドンガスルームにことでわかりやすく言いますとガンなどの難病患者さんが通う秋田の玉川温泉、鳥取の三朝温泉と同じ環境の部屋のことです。細胞が活性化し9種類のホルモンの出が活発になり、ガン予防、慢性症状の快復、老化防止、美容効果も期待できます。詳しくはこちらを

俳優、女優、モデルなどの方などは撮影に入る前に受けることをお勧めいたします。また、写真撮影、パーティーなどの参加前にもどうぞ。


施術前

施術後

 

明らかに引き締まったのがわかると思います。目も大きくなっています。
写真でここまで変化がわかりますので実際は感動するくらいの変化を感じられると思います。

 

    施術前

 

      施術後                 

施術料金

Aコース 10,800円(税込)簡単なカウンセリング・施術、簡単に家でできることの指導。

Bコース 16200円 (税込み)カウンセリング、均整体操簡単バージョンレクチャー、整体、復習用にDVDを差し上げます。

Cコース 21600円 (税込み)カウンセリング、均整体操フルバージョンのレクチャー、整体復習用にDVDを差し上げます。超お勧めコースです。

Dコース 32400円(税込み)複数の症状がありカウンセリングを長く行ってほしい方。整体(均整法など)、自分でできる健康法、均整体操(三起均整プログラム開発者である院長自身がその人にあった体操をセレクトし角度張力などをレクチャーいたします。)

復習用DVDも差し上げています。

施術後、復習。日ごろ体の手入れ法、トレーニングのヒントもお教えいたします。

海外、地方からお越しでなかなか来院できない方や慢性症状をお持ちの方、詳しい説明を希望の方,早く改善したい方はC、Dコースをお選びください。

患者さんへのインタビューです

筒井 それではインタビューお願いします

患者さん お願いします。

筒井 ここにはどういった症状で来院されましたか。

患者さん 最初は母の付き添いで来ていたんですけれども、私自身が製造業で力仕事をしているということもあって、どうしても体が固くなるということもあってここに来ました。

筒井 何か症状はありましたか、どこか痛いとか。

患者さん そうですね、どうしても肩とか腕回りがつらいことが多かったです。

筒井 ここでの施術を受けてどうなりましたか?

患者さん だいぶん楽になったのと、自分の生活の中でどういうことに気を付けなければいけないのかというのがわかったので、対応の仕方を自分で考えるようになりました。

筒井 そうですか。あとですね。大阪から来院されていますけれども、何でわざわざ遠い東京まで来られるようになりましたか?

患者さん 最初はいろいろ症状があって、指のこわばりであったり、頭痛、めまい、立ちくらみ、耳鳴り、むくみなど色々症状があったんです。

けれど、それも先生が出してる「へバーデン結節解消プログラム」を最初購入してやってみてすごく効果があったのでそれで是非と思って来院しました。

筒井 わかりました。「へバーデン結節解消プログラム」やってみてよくなったので、行けばもっと良くなるのではないかと思い来院したんですね。

患者さん プログラムを行うことによって腎臓由来の症状(指のこわばり、頭痛、めまい、立ちくらみ、耳鳴り、むくみ)が全部なくなってしまったので、ただ仕事で毎日使う体の疲れ、片腕の痛みはどうしようもなかったので来院しました。

筒井 最後に当院に来院しようとしている人に一言お願いします。

患者さん やっぱり三起均整院は他の治療院とは全然アプローチが違うと感じていて、だから普通のお医者さんで無理だとか言われた人でも治る余地があるからあきらめないでほしいということ。

それと自分の症状というのは自分が作り出しているものなので、だから自分の生活を見直せば、治りますよというのは私は自信をもってお伝えしたいです。

筒井 ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

当院が目指しているもの

健康で日々の生活ができる体のメンテナンスを行うプロデューサーを目指しております。

当院の来院患者さんは最初は自分の今出ている症状を解消するために来院されますが、それが解決した後には今度は健康な体を維持するために定期的に来院していただいております。

そうすることにより長く快適な生活を送ることができます。

講演会の一部

新宿セルミ医療器にて(株)ビバセル主催で体のゆがみと健康についてと題して講演会が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2010年10月12日、日本生命北九州支社主催で健康セミナーが開かれました。題目は「体のゆがみと健康についてです。」午後1時30分から約1時間ほど時間をもらい講演を行いました。日本生命北九州支社での講演会及び体操教室。

 

 

 

 

 

 

 

2011年2月14日世田谷区の烏山区民会館において(株)トクホン、薬のセイジョー主催の肩こり腰痛教室が開かれました。そのときの講師に招かれ肩こり、腰痛についてレクチャーしてきました。

 

 

 

 

2011年12月10日(土)に関東圏健康管理士連合会主催の「医療特別講演会」が阿佐ヶ谷駅そばにあります産業商工会館講堂(3F)で行われ第二部で「体のゆがみと健康について」を講演いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成24年10月12日(金)午後1:30~3:30まで新宿NSビル2Fにある住友不動産販売株式会社 ハウジングセンターで「体のゆがみを正しい健康へと導く均整体操講座」を開きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年1月25日AM11:15~12:00東京都杉並区にある大宮児童館におきまして均整体操講座を行いました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会福祉法人 いたるセンターは杉並・目黒・成城など、東京23区西部を中心とした都市型の総合福祉サービスを展開する所であり障害者と健常者の垣根をなくし、誰もが安心して自立した生活を継続できる、しなやかな社会の実現を目指しているところでもあります。

この日は人数が多く2会場で講演会を行いました。映像を使って行い、映像の会場に最後に顔を出し健康についてお話ししました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年4月10日(月)に所沢中央ロータリークラブの卓話コーナーで下記の講演会を開いてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

院長経歴

1962年生まれ 京都市出身



武蔵大学経済学部経済学科卒



東京医療専門学校鍼灸科卒(卒業時、東洋療法学校協会賞授与される)



姿勢保健均整専門学校卒(均整術を学ぶ)



タッチフォーヘルス(スイスの国際キネシオロジー大学より全過程の終了書授与される。)



オンサセラピスト(旧オンサ療法師)の資格を習得。現在日本では40名ほどしかいません。

 

 

 

 

 

ストレスカウンセラーの資格を習得

 

 

 

 

 

日本姿勢保健均整師会本部講師

 

 

 

 

 

2011年から2016年まで年一回、米国で均整法(kinsei Manual Therapy)の普及活動を行い。

医師(naturopathic doctor)針師のCEU(免許更新科目)にそれが入るという快挙を成し遂げる。

そのことはNDNR(ナチュロパシックドクターニュースアンドレビュー)で紹介され、現在米国ニューハンプシャー州で均整法はKinsei Manual TherapyとしてND(ナチュロパシックドクター)によって臨床が行われています。

 

 

 

大学時代、紫斑病になり、それを治すためにあらゆる治療法にかかる。

ベースとなったのは食事療法でお茶の水クリニックの森下敬一先生の指導のもとで玄米菜食ならびに健康食品での治療開始。

一年後石塚治療室を紹介され生体活動電流ならびにカイロプラクテイック療法を受ける。

この二つのクリニック、治療院はいずれも癌などの難病患者専門のところでしたが治る人を目の当たりにしていましたのでずいぶん勇気をもらいました。

その後、石塚友康先生に弟子入りする。その間いろいろな療法を受ける。

平成3年に開業しましたが、たまたま障害者教育をなさっている方と知り合い療育に加えて均整術を彼らに行いこれまでにいい結果を残しております。

またある学校の運動部に毎週施術に通う機会があり運動系の疾患はかなりの確率で短期間での回復するすべを確立。

2008年に自分で膝の痛みを改善するマニュアル「膝痛改善プログラム」を販売。

これを皮切りに「肩痛改善プログラム」「ヘバーデン結節改善プログラム」「股関節痛改善プログラム」「緑内障改善プログラム」「手首痛、肘痛改善プログラム」「むち打ち解消プログラム」などを世に送り出す。

特に「ヘバーデン結節改善プログラム」は全国からの問い合わせが後を絶ちません。

また、プログラム販売と同時に短時間でしかも自分で体全体のゆがみを正すことができる均整体操(均整関節体操・均整筋肉体操)を考案、

この体操をすべての患者さんに教えることにより改善率アップと同時にそれほど頻繁に施術に通ってくる必要性をなくしました。

定期的に体のゆがみチェックに来られるだけで健康を維持できるシステムを取り入れております。

今後は均整体操を広める活動に力を入れていく予定です。

小顔に関する記事

顔のたるみリフトアップする方法

2018.11.06 小顔,顔のたるみ

顔のたるみはなぜ起こるのでしょうか?

加齢老化などどいわれておりますが、年齢より若く見られる人もいればそうでない人もいます。その違いは何なのか。

筋膜の異常緊張により実はそれが起こるのであります。深層部の筋膜が緊張を起こしますと表層部の筋肉が弛緩してしまうのです。若いときはそうでもありませんが年齢を重ねていきますとこれが顕著になっていきます。

 

エステティックサロンなどでは超音波などの振動により深層部の緊張を取り除き顔のたるみのリフトアップを行っているのであります。ところがこの方法だけですと局部だけの筋膜の緊張をとってますので持ちが悪くなってしまいます。

どうすればいいのかといいますと体全体の歪みをまずとることが必要になります。体の歪みとは見た目の歪みだけではなく、前後動作、左右動作、回旋動作を行い一つでもやりにくい動作があれば体は歪んでいるのです。

それを正すには、人は立っているだけで何か所か緊張している場所があります。前傾姿勢の人はつま先、膝、股関節、みぞおち、大胸筋、前頭部といった具合です。背中も頸椎4番、胸椎5番、腰椎1番、仙椎4番といった具合です。この体型の人は前屈がやりにくい人であります。ところがこれらの場所の筋膜の緊張を開放しますと前屈が楽になってしまうのです。この理論は均整法の理論であり、米国でもND(ナチュロパシックドクター)と針灸師のCEU免許更新科目になっております。2011年から2016までこの理論を私と先輩で米国に教えに行きCEUに認められました。このことはNDNRに出ています。

顔の筋膜の緊張をとりますと顔のたるみはリフトアップができるのです。

私のところでは足を使って顔の筋膜をリリースしていますそのほうが断然持ちがいいのであります。

筋膜は体中に縦横無尽に張り巡らされています。一か所引っ張れば他の場所も引っ張られます。角度、張力を付け牽引しますと狙った場所に張力を付けることができます。そのまま振動を加えますと骨にへばりついた筋膜を剥がすことができます。

筋膜がはがれますと一気に血液の流れ、リンパの流れがよくなります。そうなりますと皮膚に十分な栄養が巡りはじめ肌のつやがよくなり、皮膚の表面は締まってきます。

狙う場所によりあらゆるところを引き締めることができます。この方法ですと狙った部分以外の筋膜の緊張も取れますので持ちが非常にいいです。週に一度この方法を続けていますと3か月後には見違える体になっています。当院の小顔・リフトアップコースはこちら

当院では自分で歪みの取れる均整体操を作っておりますのでそれを行ってみてください。もちろん施術と併用することが一番です。

骨に深層部の筋膜がへばりつくと、足、腕、首、顔などどこの部位でもたるみは起こります。それを上記の方法で施術しますと各部を引き締める音ができます。年齢の若い方はその場ですぐに引き締まります。年齢のいかれている方でも、回数を重ねていきますと確実に皮膚全体に栄養がいきわたり、引き締まってきます。

水の重要性

それから水分は十分にとるようにしなければなりません。そうすることにより毒素が早く出るのであります。WHO(世界保健機関)では口から入るものの中では水を一番入れなければならないといっております。日本人ですと体の大きさにもよりますが1リットルから2リットルは折れたほうがいいでしょう。

老化を早めるもの、内臓に負担をかける食べ物があります。

アルコールはビタミンB群を消費し腎臓に負担をかけます。

コーヒ、紅茶、緑茶などカフェインを含んだものはトイレの回数が増え腎臓に負担をかけます。

甘いものは取りすぎますと糖化すなわち糖とタンパク質が結合してAGE,sが体の中にでき高血圧、ガン、糖尿病の原因になりますのでこれも気を付けなければなりません。

体を動かすことも必要です。

均整体操、特に均整関節体操、均整筋肉体操基礎編を朝、夕行うことが基本になります。体全体の歪みが取れてきます。ポイントは体全体特に指先の力を抜いて行わないと効きません。見た目がだらしないほど有効です。指先をぴんと張ってしまうとかえって逆効果であります。

特に均整筋肉体操基礎編は腕の重みを利用して背中をストレッチするものですので力が入っては逆に体が固くなります。だらしなく行なってください。高齢者の方はイスバージョンがありますのでそれを行うと毎日歪みが正され、元気に過ごすことができます。

 

 

ヘバーデン結節の施術と顔の引き締め(小顔)

2018.08.29 小顔,当院のヘバーデン結節の治療事例と症状

先日、ヘバーデン結節の施術で来院された女性患者さんに言われたことですが、顔の引き締め(小顔)もできるんですねと。

ヘバーデン結節の施術は当院では根本的なところから行います。栄養すなわち食べ物の話、ストレスの取り方、そして体の歪みをただす。これらのことを行いますとほとんどの体の不調は改善いたします。

当院では緑内障など目の病気の方も多いので顔全体の血液循環をよくするために顔面の筋膜緊張を取り除くことを行っております。ヘバーデン結節の患者さんにもこの操縦法を行っております。顔面の深層部の筋膜緊張がとれますと顔の表面筋肉が引き締まります。そうなりますと目が開けやすく見た目も大きくなります。目のたるみも取れてしまいます。結果的に顔が若返ります。また、全身が引き締まりますのでパンツのサイズもダウンいたします。

ヘバーデン結節が改善するということは体の内部から健康にならなければ出来ません。健康になるということはアンチエイジングができ体全体が引き締まりませんとそれはできません。健康になりたい人、今の健康を維持したい方、アンチエイジングをしたい方、体を引き締めたい方、車検と同じように定期的に来院されるとそれがかないます。

 

小顔、へバーデン、腰痛

2013.02.13 小顔,当院のヘバーデン結節の治療事例と症状,症状

昨日腰痛が主訴の患者さんが来られました。ところが話を聞いてみますとへバーデン結節があり目の調子もあまりよくないとことですべてを施術することになりました。実は均整術ではあまり症状は関係ありません。症状を追うのではなく体のゆがみだけを正すとすべての症状が改善されるのです。ねじれたホースを元に戻しますと水の流れがよくなります。体も同じでゆがみが取れますと血液リンパの流れがよくなり自然治癒力が最大に発揮されるようになります。そうしますと勝手に体がよくなるのです。

その後各部の調整を行うのです。早く症状改善が期待できるのです。目の調子が悪い人は目の周りの筋緊張がありますのでそれをゆるめますと目がぱっちりして顔が引き締まります。こちらの方も喜んで帰られました。

小顔

2011.12.23 小顔,症状

当院では特に女性で希望される方は小顔(顔の引き締め)も行っています。眼の病気、三叉神経痛、顔面神経麻痺にもこの操法は有効です。足と手の経絡を用いて顔面の筋肉の緊張をとっていきます。すると自然に顔が引き締まるのです。この方法を用いますともちが非常にいいです。知っている方は大事な用事があるときには必ず顔の引き締めに来られます。美容整体専門店に行きますと料金が高くなりますが当院では通常料金で行っております。それでいて長持ちいたします。続けますと皮膚の艶もよくなり5~10歳ほど若く見られるようになります。その場で違いがわかりますので大変喜ばれております。均整法では体全体のゆがみをとってから美容整体を行いますので効き目が早く、長持ちするのです。また、家で行うこともお教えいたしております。これを行いますと足も細くなり、便秘がちの人も改善いたします。一度お試しください。

小顔、引き締め

2011.09.24 小顔,症状

当院では、希望により美容整体も行っています。良く行うのは小顔です。眼の調整をすると顔が引き締まるので自然と行っていますが、これが好評です。眼が大きくなり、見易くなり、顔が引き締まるのです。片方だけ行い、違いを見てもらってからもう片方を行いますので違いは歴然です。体の歪みがとれ、顔も引き締まりますので皆さん喜んでいます。

小顔

2011.07.27 小顔,症状

昨日、均整師実践講座の生徒が体の調整にやってきました。空手の試合が近日にあるようでその練習のため体をいじめていたようであちこちに痛みが出ていました。勉強のためにも基本の調整法(12種体型調整)のみで施術を終えました。これは背中の1~3箇所に刺激を行い体全体のゆがみを正しあらゆる症状を解決する方法です。今回は1か所のみで体全体の調整を行いました。これはすごいと生徒さんも喜んでいました。勉強ついでに小顔(顔の引き締め)を最後に行いました。これはおもに足の経絡を使い角度、張力を決めて刺激を行います。すると行ったほうの顔だけが引き締まってきます。最初に鏡の前で顔を観てもらっておき施術後にまた見てもらいます。2~3分後には見事に引き締まります。生徒さんもびっくりしていました。なんでも銀座には小顔の施術が1回200万円もする所があるそうですがこの方法ですと時間もかけず長持ちいたします。当院では行ってほしい方は今のところサービスで行っています。よろしければお試しを。

↑PageTop

お電話03-5370-6780)又はインターネットからご予約頂けます。


三起均整院 - 整体・均整

東京都杉並区久我山4-2-4 久我山センタービル B-201
TEL 03-5370-6780/050-1479-1135
受付時間 9:00~19:00 完全予約制 (休診:日・水・祝)

腰痛肩こり坐骨神経痛膝痛四十肩・五十肩リウマチヘバーデン結節モートン病小顔うつ病...


最新記事

カテゴリー

月別