ヘバーデン結節(手の指の第一関節の痛み、変形)の根本原因は東洋医学では、はっきりしておりズバリ腎臓のストレスなのです。

ヘバーデン結節、つまり手の第一関節の痛み、変形の根本原因動画)は東洋医学では腎臓にストレスであります。

腎臓のストレスは栄養、ストレス、体の歪みにあります。これらをを改善すればヘバーデン結節に限らず難病、慢性症状も改善できてしまうのです。

この中で一番問題になっているのが栄養、食べ物です。ヘバーデン結節の7割の原因が実はこの問題なのです。アルコール、たばこ、コーヒー、紅茶、緑茶、甘いもの(果物含む)これらを常時とっている人は腎臓にストレスを与えており指の第一関節に痛み、変形が起きたものがヘバーデン結節の正体なのです。

現在ヘバーデン結節にかかっている人は一旦上記の食べ物をやめて水を飲むことが一番早く改善する方法となります。それを行ったうえでストレス、体の歪みを正せば早い回復が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です