TOP > 症状 >  子宮筋腫

子宮筋腫

へバーデン結節と婦人科疾患、子宮筋腫、卵巣嚢腫の関係とその改善法は?

2019.05.24 卵巣嚢腫,子宮筋腫,当院のヘバーデン結節の治療事例と症状

共通点は腎臓のストレス

指に痛み・違和感・変形などが起こる、ヘバーデン結節の患者さんが当院には多く来院されますが、症状を複数

お持ちの患者さんが、多くおられます。

頭痛、抜け毛、腰痛、肩こり、膝痛、耳鳴り、難聴、のどの異常、子宮筋腫、不妊症、卵巣嚢腫、血液検査では

コレステロールが高い人も多いです。

 

なぜ、こういった症状が出るのかといいますと、へバーデン結節の原因は東洋医学では腎臓のストレスであると

いわれているからであります。

臨床をしていても、実際そのように思います。

東洋医学では関節の異常は腎臓のストレスであり、それが腰に出れば腰痛、膝に出れば膝痛、指の第一関節に出

ればへバーデン結節、第二関節に出ればプシャール結節という名前になります。

また、東洋医学で腎臓に属している臓器は脳、脊髄、髪の毛、歯・骨・生殖器・膀胱・耳鼻咽喉・血液・関節な

どであります。

 

したがって腎臓にストレスが起きますといずれかの臓器に異常が出てくる可能性があります。

また上記の複数の臓器に異常が出てくる場合もあります。

一度に出る場合、徐々に出る場合などがあります。

もともと婦人科が悪く、その後関節に異常が出る場合もあり、また、その逆もあります。

それを改善するには腎臓のストレスを取り除かなければなりません。

 

腎臓のストレスの原因は

食べ物

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ストレス

体の歪みにあります

これらを整えることができれば、上記すべての症状は改善してくるのであります。

 

食べ物ではアルコール・コーヒー・紅茶・緑茶・甘いもの・くだものを一旦止めて水をよく飲むのがポイントに

なります。

体の歪みでは、特に下半身の太ももが異常に緊張している場合が多く見受けられます。

これらの緊張を取り除きますと腰の緊張も取り除かれ腹部内蔵機の働きがよくなり婦人科疾患の改善予防もでき

るのです。

こういったことは普通の人は知りませんんで、今後いろいろな場所で言っていきたいと思います。

三起均整院のLINE@はこちら

 

ラインアット登録者には健康情報・今日の均整体操をほぼ毎日配信しております。

 

病気改善・予防にお役立てください。

 

院長への質問、三起均整院の予約もこちらで受け付けております。

 

スマートフォンでご覧の場合は、下記のボタン(バナー)をタップしてください。

 

自動的にLINEアプリが立ち上がります。

 

IDで「@geo6039o」と検索して頂いてもご登録できます。

 

 

パソコンでご覧の場合は、こちらのQRコードを読み取ってください。

へバーデン結節などの慢性症状は体の歪みがポイントになります。

2019.02.06 体の歪み,子宮筋腫,当院のヘバーデン結節の治療事例と症状

体全体の歪みを正す

ポイントは人によって違います。


おはようございます三起均整院の筒井です。

いつもこの動画を見て頂き誠にありがとうございます。この動画はヘバーデン結節で苦しんでる人達が1日も早くよくなるように毎日流している動画です。キャッチフレーズはバーデン結節必ず良くなるぞということで行っておりますのでよろしくお願いいたします。

今日はどんな話をするかというと、先日来られた患者さんのことなんですけれどもヘバーデン結節を持っておられて2型の糖尿病、甲状腺の異常、生殖器疾患ももっている、まあかなり色々な症状を持っていられる方が 来院いたしました。

病気の原因というのはですねいつも私が言ってますけども食べ物とストレスと体の歪みなんですね。この三つに集約されております。

これらをうまく修正できると、ろんな病気がですね、一度に良くなってしまうということになっております。

食べ物はいつも言っておりますけどもアルコール、コーヒー、紅茶、緑茶それから甘いもの、果物をやめて水をよく飲むのが慢性症状をよくするためのポイントとなります。

それができて、ストレス、体の歪みを正すと早くへバーデン結節を主とした慢性症状が良くなって参ります。

体の歪みはいつも私が言ってますけれども見た目の歪みもそうですけれども前後、左右、回旋動作でやりにくい動作が一つでもあれば体が歪んでるということになっています 。

これらを修正していくためには体の形を見なければいけません。病名で施術をするのではなく体型ですね。体型を改善して病気の改善または維持しようということをやっておりますのでこれができないと話になりません。

先日来られた患者さんはいろいろ体を見ていますと最終的には足の裏ですねポイントは足の裏と膝の内側の内転筋ですねこちらの緊張が異常でしたのでこれらの筋肉筋膜を解放するようなことを行っていきますと体の全体の歪みは取れてきます。

すなわち前後左右回旋動作がまんべんなくできるようになってしまうということですね。日頃からいろいろな患者さんの体を見たり触ったりしておりますので他の人と違う緊張の場所を探すんですねそこを解放することによってその人の身体全体の歪みが取れてくるんですね。

この見方ができるようになると様々な症状がですね一度に取れるというそういう療法をマスターすることができます。

ですから上記の患者さんへバーデン結節、2型の糖尿病、甲状腺の異常、生殖器疾患などの症状がですね、足の裏とそれから膝の内側の内転筋の緊張を取っていくと最終的には良くなっていくということになります 。

一つの症状が良くなっていくと体は全部繋がってますので他の症状も良くなってしまうということになってしまいます。

それがこの体型を正す療法の良いところということになります。今日は症例報告としてへバーデン結節それからⅡ型の糖尿病、生殖器疾患、甲状腺の異常の例をお話しいたしました。

その方は足の裏と内転筋がポイントでしたそれではまた明日。

【荒木式】がん対策プログラム~元ハーバード大学准教授が考案した画期的な食事法~

みやび

ラインアットの登録はこちら、院長に予約・質問等ができ定期的な健康情報も受け取れます。是時登録してください

https://line.me/R/ti/p/%40geo6039o 

長年へバーデン結節、子宮筋腫、体の歪み(側弯症)、ストレス、皮膚湿疹を患っている40歳代の女性患者さんの施術例

2018.09.12 体の歪み,均整体操,子宮筋腫,当院のヘバーデン結節の治療事例と症状

昨日、静岡県よりへバーデン結節、子宮筋腫による多量出血、側弯症による骨盤のずれ、ストレス、指際の皮膚湿疹、首肩痛等の症状絵をお持ちの40歳代半ばの女性患者さんが来院しました。

特別コース120分での施術でしたので、カウンセリングに時間をかけました、といいますかストレスがかなりありましたので脳のバランスをとるためにストレスカウンセリング法を使いまずストレスの解消を先に行いました。私は日ごろから訓練をしているため私としゃべりますと短時間でストレスをとることができます。この患者さんは60分ほどかかりました。

栄養面はコーヒー、甘いものをやめて気を付けていましたので、あとは体の歪みでした。

病気の根本原因であります、栄養、ストレス、体の歪みを整えますと慢性病といえども改善する可能性は大いにあります。なぜなら今出ている症状の原因はほとんどこの3つが原因だからであります。

体の歪みを見ますと骨盤の歪みがかなりのものでした。これでは体にいろいろな症状が出るのは当たり前です。

湿疹も出やすいということでしたので肋骨の可動性も見てみました。皮膚は東洋医学では肺に属しますのでそこに動きがつきますとどの場所の皮膚トラブルもよくなってしまうのです。この患者さんは息を吸ってもらいますと肋骨ん下の部分に動きがありませんでした。ここに動きがつけば今日からかゆには出てきません。

まず全体の歪みをとるために特別コースですので自分でゆがみを正す均整体操を一緒に行いました。この患者さんに合った体操を選び、角度のつけ方、力の抜き具合をレクチャーして行いました。この時点で、前後、左右、回旋動作を行ってもらったところヨガの先生並みに柔らかくなりました。これには本人もびっくりです。

残った歪みを均整理論で施術しました。骨盤の歪みは体操だけでは取れませんでしたので手技も必要になります。

体を細かく関節していきますと左足の内側側面に硬いしこりがありました。右にはそれがありません。そのしこりをとることを行い。体の重心部位の筋膜をリリースしますと骨盤の歪みは取れてしまいました。骨盤の歪み首コリなどの原因、ひいては子宮筋腫、大量出血のへバーデン結節の原因は左足の内側側面のこり、これであると私は結論づけました。一連の筋膜リリースのなかで顔の筋膜もリリースしますので目の循環がよくなり緑内障改善、予防、顔の引き締めも自然とできてしまいます。顔が引き締まったのには本人もびっくりされています。

次回の生理がどうなるか楽しみだと本人も言われてお帰りになりました。

当院は車検場みたいなところで定期的にチェックされに来られることを提案しております。自分でできることはお教えいたしますがほとんどの方はそれが続きませんたまにチェックを入れて忘れていたことを思い出すためにも定期的の来院されることを提案しております。

へバーデン結節、子宮筋腫をお持ちの患者さんも来院します。

2017.01.24 子宮筋腫,当院のヘバーデン結節の治療事例と症状,症状

へバーデン結節で子宮筋腫をお持ちの患者さんが来院しました。へバーデン結節は関節の病気ですので東洋医学では腎臓のストレスが原因とされています。腎臓にストレスを与えますとそのほかに脳、脊髄、頭、髪の毛、歯骨、膀胱、耳鼻咽喉、生殖器、などに病変が起きます。子宮筋腫はまさに生殖器の病気ですのでこれも腎臓のストレスが原因となっています。

その原因は栄養(アルコール、たばこ、コーヒー、紅茶、緑茶、ハーブティー、甘いもの)ストレス、体のゆがみが原因となっていますがこちらの方は体のゆがみが大きく影響していました。体を見てみますと後ろにそることができませんでした。その原因は末端が異常に硬いのと下半身の緊張がかなりのものでした。均整体操と、均整施術でゆがみは取れましたが、また元に戻る恐れがありますので本来は通院していただくのですが遠くからの来院でしたので均整体操とご主人も来院していましたので家でできることをお教えして施術終了です。指はその場で楽なり子宮筋腫もいい方向に行くと思います。

当院には遠くから来られる患者さんが多く来院します。家族で来院される方も多いです。来られた方には一緒に話を聞いてもらい病気の原因、改善法を説明します。そして均整体操を一緒に行い体のゆがみが取れるのを体験してもらいます。体のケアがどれほど大事かをわかってもらうためです。

↑PageTop

お電話03-5370-6780)又はインターネットからご予約頂けます。


三起均整院 - 整体・均整

東京都杉並区久我山4-2-4 久我山センタービル B-201
TEL 03-5370-6780
受付時間 9:00~19:00 完全予約制 (休診:日・水・祝)

腰痛肩こり坐骨神経痛膝痛四十肩・五十肩リウマチヘバーデン結節モートン病小顔うつ病...


最新記事

カテゴリー

月別