TOP > 症状 >  坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛の臨床例

東京都在住 70代 女性 主婦

趣味がテニスの女性太ももからふくらはぎにかけて痛みが出るとのことで来院。さっそく体型を見てみますと右肩甲骨の周りが盛り上がりがちがちになっています。病院のレントゲンで診ると腰椎の詰まりと出ますがこの患者さんの場合は右の肩甲骨が筋肉を引っ張りその結果腰痛に負担がかかり下肢に痛みが出たものと判断して施術いたしました。週2回の割合で施術しましたところ1ヶ月目くらいから徐々に痛みがなくなり施術も週1回になり。2ヶ月経ったころからは2週に1回でよくなりました。またテニスができるようになりました。

坐骨神経痛に関する記事

へバーデン結節、腰痛 正しい均整体操

2017.05.12 ホルミシスルーム,坐骨神経痛,当院のヘバーデン結節の治療事例と症状,症状,腰痛

へバーデン結節、と腰痛をお持ちの60代男性患者さんが来院しました。こちらの方は当院のホームページで均整体操を知り以前から家で行っていましたが、腰痛になりそれが、なかなか治らなかったので、来院いたしました。

どんな病気でも必ず原因があります。その原因をとりのぞけば慢性病といわれるものでも快方に向かうものです。

早速カウンセリングです。食べ物ですがこれは比較的悪いもの、アルコール、コーヒー、甘いもの等は食べていません。

ストレスこれもそんなに影響はないようです。

体の歪み、これはありました。動作分析で後ろにそることができませんでした。これを改善するためにまずは、均整体操を行いました。いつも家でやっていたようですがやり方が間違っていました。均整体操のポイントは体の力特に指先の力を抜いて行わなければ効きません。見た目がきれいなようでは力が入っており効かないのであります。

それを修正して行ったところ体全体が柔らかくなり後ろにそることができるようになりました。あとはベットで均整法の施術を行いました。車で言うと車検であります。体の細部の調整を行うのであります。そうすることにより体の柔軟性はもちろん、血液、リンパの流れが正常になり自然治癒力が高まり慢性症状が解決するのであります。

最後にホルミシスルームに入り細胞全体の活性化を行い施術終了です。定期的に来られることになりました。

bonboneキューブ

2017.02.24 むくみ,四十肩・五十肩,坐骨神経痛,当院のヘバーデン結節の治療事例と症状,症状,肩こり,脊柱管狭窄症,腰痛,膝痛

ダイヤ工業(0120-011-245)にbonboneキューブという商品があります。以前はレクトレキューブという商品名で売られていまして定価が一万円近くしていました。この商品がbonboneキューブという主商品名で4500円(税抜き)で今では売られています。

低反発のマットですがこれがすぐれものでこの上を歩く、または片足立ち、ジャンプなどを取り交ぜて10分間くらいおこなうと様々な症状が改善するのです。低反発で安定しないのでいろいろな筋肉を使わないとうまく歩けません。いろいろな筋肉を使うと硬かった足の筋肉が緩み、体全体のゆがみが整ってきます。

体のゆがみの原因が足にある人はほとんどの人は足が固くなっています。それがほどけますと様々な症状が治まってくるのです。へバーデン結節、緑内障、むくみ、生殖器疾患(生理痛、子宮筋腫、内膜症、卵巣嚢腫など)腰痛、膝痛、視力回復、頭痛、肩こりその他足のゆがみが原因で症状が出ているものすべてです。10分この上で遊んでいるだけで健康を維持、回復できるアイテムです。均整体操と併用すると尚効果的です。ぜひ一度お試しください。最近では当院の患者さんすべてにお勧めしています。

キューブ.JPG

坐骨神経痛、腰痛

2016.11.26 坐骨神経痛,症状,腰痛

最近、寒くなったせいか腰痛、特に坐骨神経痛の患者さんが増えています。腰痛、坐骨神経痛といいますと、腰の病気とふつうは思われますが、当院では体全体のゆがみのしわ寄せが腰、または坐骨神経の走行に沿っていたみがでるものとしておとらえています。もちろんいつも言っているように、食べ物、ストレスからも来ますのでその辺はカウンセリングで判断してどれが原因なのかを見極めて施術しております。最近の傾向としましては胸郭の緊張が原因の腰痛、坐骨神経痛の方が多く感じられます。

この方たちの施術法は全体のゆがみをとって後に胸郭の筋膜の緊張を取り除くと短期間でよくなります。ここ2~3日で3人腰痛、坐骨神経痛の方がお見えになりましたがすべてこのパターンでした。胸郭の緊張をとりますと大体一日、二日でよくなります。

腰痛、坐骨神経痛

2016.11.06 坐骨神経痛,症状,腰痛

先日、右の臀部から足にかけて痛みを感じる方が来院されました。30分のコースでしたので痛みをとることだけすなわち歪みを正すことだけを行いました。体型的に見て腹部、つま先、上胸部の緊張が認められましたので、底を中心に施術を行いました。痛みが出ているのは臀部でしたが腹部、腰部にも緊張がありこんなところが痛いなんて自分では気付かなかったようでした。最後につま先の緊張をとると、臀部の痛みは取れてしまいました。

このように痛いところが施術場所とは限らず、その人の歪みの原因になっているところを正すと症状は治まります。ローカルな施術にとらわれず、体全体の歪みを正す事を行いますと短期間に体の症状は良くなります。これに栄養、ストレスの対処法が加わりますと今後の心配はぐっと減ります。

腰痛、(坐骨神経痛、椎間板ヘルニア)

2016.10.16 坐骨神経痛,症状

先日腰痛の患者さんが来院されました。腰から足まで痛みがあり、整形外科に行ったところ腰の4番5番の骨の隙間がなくなっているために起こっているということで、湿布薬と骨盤ベルトを渡され通うことになったそうです。

この患者さんは月に一度来されている人で、来院されるまでに起こった出来事でした。次回来院されたときに上記のことを言われましたので、体を見てみますと体全身の歪みが原因でした。

下半身特に膝収支の筋膜の緊張が原因でしたので、しゃがむ均整体操を行ってもらうとその場で腰痛はなくなりました。腰の4番5番の隙間が詰まっていたのは下半身の緊張によるものだったのでその緊張が取れると隙間ができ腰が楽になるのです。

その後均整法で施術すると完全に痛みがなくなってしまいました。家ではしゃがむ体操と均整体操を行ってもらうともう腰痛は出ないという事を話し出術終了です。また、来月予防のために来院されます。

坐骨神経痛

2011.06.20 坐骨神経痛,症状

久しぶりに、70過ぎのある患者さんが来られました。話を聞くと脊柱管狭窄症からくる坐骨神経痛のようです。均整筋肉体操を行いその後施術をしましたところ痛み、違和感がなくなりました。今後健康維持のために月1回は来てもらうようにしました。

腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の治し方

2011.05.16 坐骨神経痛,椎間板ヘルニア,症状,腰痛

今日は腰痛の患者さんが多い日でした。

腰痛と言いますと腰の病気だと普通思われますが均整法では体全体の問題として捉えます。体のゆがみのしわ寄せが腰に来ていると考えます。ですから腰が痛いといっても腰を直接治療することはありません。あくまでも全体のバランスをとることに重きを起きます。この日の患者さんは肩甲骨の間が非常に緊張していましたのでそこを緩むような刺激をしました。そうしますと腰が楽になります。これには患者さんもびっくりしていました。腰を触らないのに何故痛みが取れるのだろうと。他の患者さんも同様な方法で施術すると短時間で楽になりました。皆さん不思議がりますが実はこの方法が一番良くなる方法なのです。

腰痛でお困りな方は一度均整法の施術を受けに来てください。

↑PageTop

お電話03-5370-6780)又はインターネットからご予約頂けます。


三起均整院 - 整体・均整

東京都杉並区久我山4-2-4 久我山センタービル B-201
TEL 03-5370-6780/050-1479-1135
受付時間 9:00~19:00 完全予約制 (休診:日・水・祝)

腰痛肩こり坐骨神経痛膝痛四十肩・五十肩リウマチヘバーデン結節モートン病小顔うつ病...


最新記事

カテゴリー

月別