TOP > 症状 >  当院のモートン病の治療事例と症状

当院のモートン病の治療事例と症状

モートン病は、足先にずきずきとした痛みや、しびれといった神経症状を起こす病気です。女性に起こりやすく、近年、外反母趾と同様に増加傾向にある病気です。

モートン病の症状

主に足の中指と薬指の間(第3足趾と第4足趾間)にずきずきとした痛み(疼痛)、しびれ、違和感、熱感などの症状が現れます。症状は足裏に出ることが多く稀に足背にも出ます。また親指と人差し指間(第1-第2足趾間)、人差し指と中指間(第2-3足趾間)、薬指と小指間(第4-第5足趾間)に出ることもあります。最近では足趾全体に上記症状が出る患者もおられます。
※ 足趾(そくし):足の指のことです。親指から1~5足趾と呼びます。

 ※ 日本整形外科学会のモートン病の説明はこちら

モートン病の原因

つま先に重心のかかる体型、仕事、運動またはハイヒールなど足にストレスをかける靴などにより中足骨部が圧迫を受けそれが長期にわたり起こりますと神経腫が形成されそれが原因で神経症状が現れます。最近では神経腫が確認されないものも増えています。

モートン病の治療法

一般的に、足底板、運動療法、痛み止めなどの薬物療法、手術などがあります。現代医学では解決法は手術しかないため、踏み切る人は多くありません。インソールなどで痛みを止めることが多い疾患です。

モートン病に対する当院の施術・治療法

当院ではあらゆる病気の根本原因動画)は栄養、ストレス、体の歪みの3つであると考えております。モートン病にもそれが当てはまります。モートン病も関節の痛みがあります。東洋医学では関節の障害は腎臓のストレスにあるとされています。腎臓のストレスを正すには食べ物ではアルコール、たばこ、コーヒー、紅茶、ハーブティー、甘いもの(果物含む)をいったん止めて水をよく飲むことをしていただきます。これは腎臓を休めるためにしていただきます。
ストレスも腎臓を弱めてしまいますのでこれも緩和する必要があります。ストレスは左右の脳のエネルギーバランスが崩れた状態ですので之を正す方法を当院では行います。
体の歪み、これは肩が下がっているなどの見た目の歪みだけではなく、前後、左右、回旋動作を行い一つでもやりにくい動作があれば体は歪んでいます。なぜ体が歪むのかは、人は立っている姿勢でいろいろなところに重心がかかっています。モートン病の人は痛みが出ている場所に重心がかかって筋膜が緊張していますが、その場所以外にも何か所か重心がかかっている場所があります。前重心の人などはつま先、膝、股関節、みぞおち、大胸筋、前頭部、背中側は頸椎4番、胸椎5番、腰椎1番、仙椎4番に重心がかかっています。このタイプの人は重心部分の筋膜が引っ張り合い前屈が苦手になっています。ところが上記重心部の筋膜調整を行いますと前屈ができるようになり体の歪みが正されるのです。そうしますと血液、リンパ、の流れがよくなり自然治癒力が高まり様々な症状が取れてくるのです。当院ではモートン病の人も痛みが出ている場所以外に重心がかかっている場所があり必ずやりにくい動作があると考えます。これを改善する調整を行います。モートン病は重心部分の筋膜の緊張のしわ寄せが足の症状として表れているのです。

当院でのモートン病の施術期間

年齢、症状、症状が出てからの期間にもよりますが早い人では1回で楽になる人も大勢おられます。来院できる人は1週間または2週間に一度来院してもらいます。楽になってきましたら来院期間を延ばしていきます。来院できない方は、家でできる治療法を教えています。
一般的に痛みは早く止まります。しびれは、痛みよりは多少時間がかかる場合が多くなっております。

モートン病の臨床例

東京都在住 60代 女性 主婦

最近足の裏がいたいと思い病院へ行ったところモートン病の診断。足の指の間に神経腫ができているとのこと。均整術では病名にはこだわらず施術いたしますので体を観察しましたところ異常に背中が硬い。しかし自覚がないとのこと。これが原因だと思い施術したところ、痛みが半減いたしました。モートン病といえど全体の施術が必要でしょう。

モートン病の治療・施術料金

10月30日までwebキャンペーンを行っております。この期間にご予約いただいた方に適応いたしております。初回限定です。

初回一般コース13800円が5400円

  特別コース100000円が50000円で受けることができます。ぜひこの期間にどうぞ。

初診料   3000円

一般コース 10,800円(税込)

特別コース 100,000円(税込)(へバーデン結節特別解消コース、慢性症状など)
整体(均整法など)、カウンセリング、自分でできる健康法、均整体操(三起均整プログラム開発者である院長自身がその人にあった体操をセレクトし角度張力などをレクチャーいたします。)復習用DVDも差し上げています。、施術後、復習。日ごろ体の手入れ法、トレーニングのヒントもお教えいたします。海外、地方からお越しでなかなか来院できない方や慢性症状をお持ちの方、詳しい説明を希望の方はこちらをどうぞ。早く改善したい方はこちらのコースをお選びください。

 

 

※ 慢性疾患の方や、アンチエイジングをご希望の方、また海外、地方などあまり通うことができない方は特別コースがお勧めです。
ホルミシスルームを使用することが出来ます(完全予約制)

当院のモートン病の治療事例と症状に関する記事

友人が右足が痛くなりモートン病の疑いがありましたが施術でよくなりました。

2018.10.05 当院のモートン病の治療事例と症状

友人の整体の先生が足の痛みを訴え施術に来院されました。第2指と第3指の間が腫れあがり足をつくと痛みがありうまく歩けないと訴えていました。

全体調整後に足の指の緊張、足底部の緊張をとりましたところ足をついても痛くなくなりました。

当院にはモートン病の患者さんが多く来院されますが、本当のモートン病、神経の腫瘤ができている人はほとんどおらず、体全体の歪みと足背部、指の緊張で起こる人がほとんどです。こういったことが原因の人は早く良くなります。

へバーデン結節の人で困っている人のためのブログはこちら

うれしいお知らせがありました。

2018.09.27 当院のモートン病の治療事例と症状

今日うれしいお知らせがありました。モートン病で両足の裏に痛みがあった方が2回の施術で痛みが半減しました。このまま施術を続ければよくなると期待が持てますとのお言葉をもらえました。

元はへバーデン結節の患者さんで今回は左足裏に痛みのある(モートン病)女性患者さんが来院

2018.06.19 当院のヘバーデン結節の治療事例と症状,当院のモートン病の治療事例と症状,症状

2日前から左足裏に痛みがでて歩くのがつらい60歳代女性患者さんが来院されました。

この患者さんは4年ほど前にへバーデン結節で当院に来院し1回の施術で治ってしまったので今回も何とかならないかということで来院されました。

この患者さんのへバーデン結節の原因はカウンセリングの結果コーヒーの飲みすぎだということがわかりましたのでそれをやめて水をよく飲むことを指導しました。すると一週間ほどで包丁も持てないくらいいたかった指の痛みがとれ完全に良くなってしまいました。

今回は左足裏の痛みですモ-トン病の疑いありです。すべての病気の原因動画)は栄養、ストレス、体の歪みにありますのでそれを正すことを行いますとほとんどの症状は改善されます。カウンセリングの結果体の歪みが原因で在ることがわかりましたので均整法(KMT)で体の歪みを正しました。全身の歪みを整えたうえで細部の調整を行ったところ痛みはなくなりました。体が非常に硬かったので予防のために通院してもらうことにしました。

長く歩くと右足裏に痛みがある(モートン病)女性患者さんが来院されました。

2018.05.27 当院のモートン病の治療事例と症状,症状

40分以上歩くと右足第3指、第4指裏が痛くなる40代前半女性患者さんが来院されました。以前から痛みはあったようですが、2ヶ月ほど前から痛みが増してきたということです。長く座っていると右臀部が痛くなり、右股関節を動かさないといられなくなるそうです。他には肩こり、背中痛もありました。

早速カウンセリング、関節の異常がなかなかよくならない人、複数の関節に異常がある人は腎臓のストレスがその原因であると東洋医学ではいわれています。それを含めて病気の根本原因動画)は栄養、ストレス、体の歪みにあると私は考えています。この3つを整えますと慢性症状といえども改善される可能性はあります。

栄養のところではアルコールが引っかかっていましたのでそれを一旦やめてもらい水を飲むことを指導しました。

あとは体の歪みです。後ろにそりにくい、右にねじりにくい体の歪みでしたのでそれを均整体操、均整法で体全体の歪みを正し、立った姿勢での足背の筋膜の緊張をとりますと、右足の違和感はなくなりました。

60歳代左足指に痛みのある患者さん来院

2018.05.18 当院のモートン病の治療事例と症状,症状

60歳代で左の足指第3指、第4指裏に痛みのある患者さんが来院しました。半年前から痛みを感じいろいろな医療機関、整体などにいかれましたがなかなかよくならず、ウェブサイトで探し当院に来院されました。

体を見てみますと左足の足背がむくんでおり、体全体が固くなっていました、コーヒーをよく飲んでいるそうなのでそれを当分やめてもらい水をよく飲んでもらうことにしました。

腰痛もありましたのでまずは腰痛体操をしてもらいその後、均整施術を行いました、体が柔らかくなり柔軟性が出てきました。歩いていると次第に痛くなるそうなので、これで様子を見てもらい、家では腰痛体操をして、水をよく飲むことを指導して施術終了。次回は1週間後の来院です。

右足小指、及び足外側裏に痛みを感じる患者さん来院。

2018.05.15 当院のモートン病の治療事例と症状,症状

バレーを行っている女性来院。一月ほど前から足の小指に違和感を感じはじめそのうちに足裏概外側に痛みを感じ始め、レッスンを休むと楽になるがまた行うと痛みが出るの繰り返しを起こしていて、膝、股関節まで痛み違和感を感じ始め何とか完全に楽になる方法はないかと探していたところ当院のwebサイトを見つけ来院されました。

カウンセリングでコーヒー、アルコールを好むようでいたのでそれを2週間やめて水を飲むように指導しました。これらは腎臓に負担をかけますので関節にはよくありませんのでよくなるまでは控えたほうがいいのです。詳しくはこちらを

体の歪みは後ろに反れない、右にねじれない、右に傾けにく、これらがでましたので、均整法でゆがみを正しました。特にこの患者さんは足の指と中胸背部の緊張が強かったのでその緊張と足の甲の緊張を正すと歪みは正されました。2週間後に来院するよう指示して終了。

モートン病の女性患者さんが来院。症状は左足先の痛みしびれ、右小指の痛みしびれ、膝痛、血糖値高めなど

2018.04.03 当院のモートン病の治療事例と症状,症状,糖尿病,膝痛

モートン病の女性患者さんが来院。症状は左足先の痛みしびれ、右小指の痛みしびれ、膝痛、血糖値高めなどがありました。

カウンセリングで病気の原因を説明し、足の指を開くと気持ちいいいとのことで筋膜の緊張が主な原因と推測。均整法の傾斜圧部位の調整と足の指甲の調整を行うと痛みがなくなり、できなかった正座もできるようになりました。膵臓周辺の筋膜の緊張がありましたので経絡の調整法で緊張をとり体全体の歪みも正しました。すると足の痛みがなくなりしびれも軽減しました。あと2~3回の通院で全快予定です。

モートン病は神経の腫瘤ができる病気ですがほとんどの足の痛みは腫瘤ではなく筋膜の緊張によっておくります。こういった人はポイントの筋膜の緊張を正せば世の場で楽になります。

最後に一言もっと早く来ればよかった

モートン病、足の痛み、違和感

2018.03.05 当院のモートン病の治療事例と症状,症状

50歳代女性のモートン病患者さんが来院。右足の第4指裏に違和感があるとのこと。ほかの症状はバセドー病、喉に違和感あり。

コーヒーは一日一杯、甘いものは食べているとのこと。関節の症状は腎臓のストレスが原因であると説明、コーヒー甘いものは腎臓にストレスを与えますのでまずこれをやめて水を飲むことを勧めました。体は固く前屈以外の動作は固くてできませんでした。バレイをやっているとのことでしたので足に負担がきているのも原因の一つと推測。右足全体に緊張がありそのしわ寄せが足裏に来ていると考え均整体操、均整術の施術を行う。動作に制限がなくなり体全体が柔らかくなりました。まだ違和感は完全には取れていませんが徐々に取れていくと思います。2週間後に来てもらうことにしました。家では均整体操を毎日してもらうことにしました。

モートン病、足の指の痛み、しびれ

2018.02.26 当院のモートン病の治療事例と症状,指の痛み,症状,足底筋膜炎

モートン病、足の指の痛み、しびれを持った患者さんが来院。ここ3日間で4人ほど来院しております。

原因は食べ物、ストレス、体の歪みにあります。詳しくは病気の原因動画)を見てください。ほとんどの方は下肢の筋膜が異常に緊張しています。特に足の指、足の甲、アキレス腱です。寝てしまうと緩んでしまいますので、立った姿勢で観察をしますとすぐにわかります。人は立った姿勢で緊張している場所が何か所かあります。これは人の体型によってことなります。

モートン病の方に言えますのは足の指、甲、膝、太もも、中胸背部喉に緊張がきている人が多いです。このしわ寄せが足の裏に来ていると考えます。そうしますと施術を行う場所は今言った部分となります。その部分を解きますと足裏の痛みしびれは取れてくるのです。そして、関節にあまりよくないコーヒー、甘いもの、などを控え水をよく飲みますと改善してくるのです。

家では均整体操をしてもらい月に1~2回施術に来ていただければ再発も防ぐことができます。

モートン病、足底筋膜、足の痛み、しびれ

2018.02.19 当院のモートン病の治療事例と症状,症状,足底筋膜炎

モートン病、足底筋膜炎、足の痛み、しびれがある女性患者さんが来院。マラソン、ジョギングを長くやっており、普段痛いときもあれば、痛くない時もあるといいます。走ると10キロ過ぎと足裏が痛くなり走ることができないといいます。

マラソン、ジョギングをおこなっている人は私の経験上ほとんどの方は足の指が固くなっています。また足の甲も相当緊張していますのでそれを解消しますと下半身のトラブルはほとんど解決いたします。

どうやって解消するかがポイントになってきます。立った姿勢で横から指を挟んでよくもみます。また、立った姿勢で市の甲の緊張をとります。そうしますとマラソン、ジョギングを行っている人の足のトラブルは解決いたします。こちらの患者さんには均整体操、均整施術を行い、最後に足の指、甲の緊張をとりました。相当楽になってと喜んでお帰りになりました。月に一期位メンテナンスに来ることを勧めて終了。

↑PageTop

お電話03-5370-6780)又はインターネットからご予約頂けます。


三起均整院 - 整体・均整

東京都杉並区久我山4-2-4 久我山センタービル B-201
TEL 03-5370-6780/050-1479-1135
受付時間 9:00~19:00 完全予約制 (休診:日・水・祝)

腰痛肩こり坐骨神経痛膝痛四十肩・五十肩リウマチヘバーデン結節モートン病小顔うつ病...


最新記事

カテゴリー

月別