TOP > 症状 >  腰痛

腰痛

腰痛

腰痛には坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、すべり症等がありますがその原因はいわゆる腰部筋肉の緊張による骨のつまり、神経の圧迫と言われています。それではなぜそうなるのでしょうか?当院ではその原因を以下の4つに分類して施術しております。

1、朝起きて夜寝るまで毎日同じからだの動かし方をしているために、それが偏った筋肉の使い方となり、腰椎のつまりゆがみが起こるもの。ほとんどの人がこれに当てはまります。
人それぞれ体の使い方が違いますので、レントゲンで同じ腰椎の詰まり方、ゆがみ方をしていても人によって施術法は変わってきます。
歩きすぎで足を使って腰痛になった人と、岩登りで手を使って腰痛になった人ではレントゲンでは同じ腰椎の詰まり方、ゆがみ方をしているかもしれませんが体の使い方が違いますので当然施術法も違ってきます。

2、交通事故や転んだりして外からの力により腰椎が詰まり、ゆがむもの。

3、暑さ、寒さ、飲みすぎ、食べすぎ、偏った栄養により内臓が弱り腰椎が詰まり、ゆがむもの。

4、最近増加傾向にありますが、ストレスが原因で腰椎が詰まり、ゆがむもの。いやな人に会ったり、いやなことがあると体は緊張して硬くなります。そういったことが続きますと腰椎は詰まり、ゆがんでくるのです。

均整術ではどんな症状でも前後、左右、廻旋動作のバランスをとります。前屈しても手が床に着かなかったり、体を捻ると左右やりやすい側とやりにくい側があるのでは、体がゆがんでいるということになります。このゆがみをとると腰痛に限らずさまざまな症状が改善いたします。もちろん腰痛の場合、腰近辺の筋肉が硬くなっておりますが、前後、左右、廻旋のバランスをとるとこの筋肉が柔らかくなるのです。

腰痛に関する記事

照海(ツボ)を使った、腰痛施術は高齢の方には必須のものであります。

2018.10.02 当院のヘバーデン結節の治療事例と症状,腰痛

アメーバーブログ、ユーチューブで紹介しました照海というツボは腰痛患者さん特に高齢所の方には有効になります。今日もへバーデン結節、腰痛の患者さんが来院されましたがやはり照海に反応が出ておりその反応を消す操作を行いますと、腰痛はなくなりました。照海はうちくるぶしの真下1センチのところにありますのでそこにのの字を書くように反応を消すか、千年灸をやってみてください。腰痛、へバーデン結節など腎臓のストレスが原因のものに有効です。

60歳代女性の腰痛、坐骨神経痛の施術法はどういった方法がありますか?

2018.08.23 腰痛

腰痛、坐骨神経痛といいますと腰椎の何番が詰まっていて神経を圧迫して痛みが出ていると病院では言われますが、もちろんそうでありますが、問題はなぜそうなっているかということです。筋肉、筋膜の緊張により圧迫を受けているからであります。均整法では体型を整えることにより症状を改善する方法であります。体全体の歪みを正すことにより様々な症状を改善いたします。それが腰に出ると腰痛、坐骨神経痛になります。問題は腰ではなく体の歪みにあったのです。

40歳代女性左坐骨神経痛(腰痛)患者さん来院。

2018.07.24 坐骨神経痛,腰痛

定期的に来院されている、患者さんが今日は左坐骨神経痛(腰痛)があり何とかしてほしいと来院。

体を見てみますと、左足の膝から下が外側に膨らんでおり(馬足)それが原因であると考え、全体調整の後下肢外側部の筋膜の緊張を正す調整をしましたところ腰痛は改善いたしました。

体の形が原因で腰痛を起こしていました。

ぎっくり腰で高校一年生女子が来院されました。

2018.06.26 坐骨神経痛,症状,腰痛

先日、高校一年性の女子がぎっくり腰(腰痛)で来院されました。

体育の授業で反復横跳びを行っているときにぎっくり腰になりすぐに帰宅され、その後すぐに来院されました。歩くのもやっとの状態でした

カウンセリングを行うと高校受験が終わり疲れが残っているところに激しい運動を行ったことによりぎっくり腰になったと判断しました。途中気分が悪くなったので横になってもらい1時間ほど休んでもらってから施術を行いました。

体全体が緊張していて歪んでいましたので全身の歪みをとるべく均整法で施術しました。

相当楽になりお帰りになりました。次の日は元気に学校に登校されました。

60代後半の男性腰痛患者さん来院

2018.05.09 椎間板ヘルニア,症状,腰痛

60歳代後半の男性、腰痛患者さんが来院されました。最初に来院されたのが20年ほど前で、調子が悪くなると来院するという感じでした。内装業者の方で、休みが取れれば来院というふうです。この前来院されたのは4年ほど前でした。

仕事柄、時々腰痛になり来院すると大体その場で改善するので気にいって来院されています。今回も3日ほど前から腰痛になり、仕事が落ち着いたので来院となりました。中腰での作業が多いので足先、太ももの、中胸背部、指先の緊張が強くなっていましたのでその場所の緊張をとり除くと腰は楽になりました。

腰痛

2018.03.28 症状,腰痛

40代腰痛の男性患者さんが来院。2週間ほど前に左腰の痛みが走り、1週間前から右腰も痛くなり、左足裏にも痛みが出ましたので当院患者さん紹介で来院にいたりました。

早速カウンセリング、及び病気の原因動画)についてお話いたしました。関節の痛みは特に腎臓のストレスが関係していますのでコーヒー、甘いものを痛みが落ち着くまでやめてもらい水をよく飲むことを行ってもらうことをお願いしました。

ストレスこれもとる方法をレクチャー。

体の歪み、事務職でほとんど座っていることが多いということなので、動作分析をしますと後ろにそれない、右にねじれない、これらの歪みがありました。

均整体操、均整施術、でできない動作ができるようになり痛みがなくなりホルミシスルームですっきりしてお帰りになりました。

腰痛、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア

2018.02.27 坐骨神経痛,椎間板ヘルニア,症状,腰痛

先日、30代後半、腰痛の女性患者さんが来院。症状からして坐骨神経痛でした。臀部の坐骨神経の出口付近が痛むとのことでした。重いものを持ってから痛みが走るようになったとのことであります。

坐骨神経痛の主な原因の一つに腰椎椎間板ヘルニアがあります。それを念頭に施術をいたしました。

均整法の施術は体全体の体型を見ていき、それを整えることにより自然治癒力を最大限に高め症状改善へと導きます。

人は立っているときに重心のかかる場所が何か所かあります。その場所で体の動きを調節しております。毎日同じ動きをしていますと重心部の場所が異常緊張を起こします。そうしますと、体でやりにくい動作が出てきてしまいます。この状態が体がゆがんでいる状態なのです。この患者さんの一番気になる箇所、すなわち異常緊張部位は足の指先でした。話を聞いてみますと小さいころバレイをしていたそうで、その歩き方を今でも癖でしてしまうそうです。

最終的には足の指の緊張をとることを行いましたところ臀部の痛みは改善いたしました。もちろんいつものように均整体操も最初に行いました。

腰痛、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア

2018.01.25 ホルミシスルーム,坐骨神経痛,椎間板ヘルニア,症状,腰痛

腰痛(坐骨神経痛、椎間板ヘルニア)の70歳代男性患者さんが来院。

2か月前より痛みが出だし、2~3日前より悪化したとのこと、体を見てみますと痛みのため体が傾いております。年齢からしても椎間板ヘルニアの疑いもありましたので直接患部を施術することは避け、全身の筋膜の緊張をとる施術をいたしました。特に下肢の緊張が強いので上半身から均整筋膜体操に抵抗を加える施術を最初に行い全細胞に刺激を与えゆるみ安くしました。その後均整法で体全体の歪みを正して施術終了。

かなり楽になり最後にホルミシスルームに入っていただきました。

坐骨神経痛 腰痛

2017.09.26 坐骨神経痛,症状,腰痛

坐骨神経痛、腰痛の60代男性患者さんが来院。当院に通われている方からの紹介でした。前から紹介を受けていましたがどこに行ってもよくならないのでどうせ行っても同じだろうと思いなかなか来院されませんでした。この方を紹介された方もいろいろ治療院をいってもよくなりませんでしたが、ダメもとで来院されましたが1回で改善されましたので強い勧めがあったようです。

そういった状況での来院でした。カウンセリングで体の使い方に問題があることがわかり体の歪みを正すことを行いました。この方は中胸背部と足のつま先に重心がきていることがわかりましたのでその部位の調整を主に行いました。均整法では腰がおかしいから腰を施術するのではなく腰に負担をかけている場所を見つけ底を施術いたします。この方も腰を一度も触らずに施術が終わってしまいました。持ちろん腰は相当楽になり、いうことを聞いてもっと早くこればよかったといわれていました。来週もう一回きてもらい、それで調子がいいようなら予防のために月一回ほど来院してもらう予定です。

坐骨神経痛、腰痛

2017.05.26 坐骨神経痛,椎間板ヘルニア,症状,腰痛

朝起きると坐骨あたりが痛くなり、起きて30分もすると痛みが取れてしまうという70代女性患者さんがお見えになりました。ハリ、きゅうに行ってもよくならないので来院。

体を調べてみますと足の指,甲が異常に硬く緊張していましたので、立った姿勢で足で踏みその緊張をとりました。また足の指の緊張もその姿勢でとりました。すると足全体が冷たかったのが暖かくなり気持ちいいようになりました。その後全体のゆがみを取り除きました。かかとを挙げて屈伸をしてもらうとできなかったのができるようになりました。足の甲指の緊張が原因で坐骨神経痛が出ていたものと思われます。来週もう一度来てもらいますがよくなっていることを期待します。

↑PageTop

お電話03-5370-6780)又はインターネットからご予約頂けます。


三起均整院 - 整体・均整

東京都杉並区久我山4-2-4 久我山センタービル B-201
TEL 03-5370-6780/050-1479-1135
受付時間 9:00~19:00 完全予約制 (休診:日・水・祝)

腰痛肩こり坐骨神経痛膝痛四十肩・五十肩リウマチヘバーデン結節モートン病小顔うつ病...


最新記事

カテゴリー

月別