TOP > 症状 >  当院のヘバーデン結節の治療事例と症状

当院のヘバーデン結節の治療事例と症状

ヘバーデン結節、プシャール結節の症状

ヘバーデン結節は手の指の第一関節に痛み、はれ、変形、水ぶくれ等がおきる病気です。時には指全体が曲げにくくなり強い痛みも伴います。手を使うことが困難になります。 プシャール結節はこれらの症状が第二関節に出る病気です。 へバーデン結節の症状 ※ 出典:日本整形外科学会 ※ 日本整形外科学会のへバーデン結節の説明はこちら

ヘバーデン結節、プシャール結節の原因

現代医学では原因は不明となっていますが、発症は30代以上の女性に多くなっています。手を使う人に多くみられますが因果関係は分かっていません。リウマチとは違い血液検査ではリウマチ反応は出ません。遺伝との因果関係もわかっていませんが家族にいるとなりやすい傾向にあります。食べ物や飲み物との関係はこちらよりご覧ください

ヘバーデン結節、プシャール結節の治療法

現状原因が分かりませんので、現代医学での治療法はありません。当院では東洋医学の方法で、東京で他の治療院に先駆けてへバーデン結節・ブシャール結節の治療に取り組んでおり、大きな成果を得ています。

ヘバーデン結節、プシャール結節への当院での取り組み、治療法

当院ではヘバーデン結節、プシャール結節の原因を突き止めております。2008年からこの取り組みを行っており全国、海外から多くの患者さんが来院しており大きな成果を得ています。 ヘバーデン結節、プシャール結節ともに指の病気ではなく実はリウマチなどと同じ骨の病気なのです。骨の病気は東洋医学では4000年前から腎の病気とわかっています。今でいう腎臓です。女性ホルモン、手の使い過ぎによる筋肉、筋膜の疲労が原因とする説もありますがそれにも実は腎臓のストレスが原因でホルモン、筋肉、筋膜に異常をきたすのです。この腎臓がストレスを受けると東洋医学では耳の病気、髪の毛が抜ける又は白髪、脳・脊髄、頭痛、喉、膀胱、生殖器、血液、関節、などに異常が出る骨の病気などになるのです。 それが指に出たのがヘバーデン結節でありプシャール結節であるのです。 健康診断では腎臓では引っかからないといわれるかもしれませんが確実に腎臓にストレスがかかっているのです。腎臓にストレスがかかっている間は腫れがひどくなったり、指が曲がったり病気は進行を続けます。 ここまでは、ハリ、灸師など東洋医学を学んだ人であれば誰でも推測ができます。それではどうすればよくなるかですが腎臓のストレスをとればよくなるのです。キノコは水分を与えますと成長しますが、水分を与えないとしぼんでゆきます。このような形でヘバーデン結節、プシャール結節も腎のストレスを解消しますと原因が取り除かれますのでしぼんでゆくのです。 では、どうすれば腎臓のストレスが取れるかですが普通経絡の腎に関するところに施術すれば治ると思われますがこれだけではよくはならないのです。すなわちこれだけでは腎臓のストレスはとれないのです。 腎臓にストレスを感じている方は腎臓だけが悪いわけではなく、五臓(肝臓、心臓、脾臓、肺臓、腎臓)すべて、すなわち体全体に問題があり症状を引き起こすのです。体全体に問題がある人、すなわち病気になるには、食べ物、水、ストレス、体の歪みが大きくかかわっていますこれらがあらゆる病気の根本原因になります。(動画はこちら)特に食べ物は重要で症状が出ている人はアルコール、コーヒー、甘いもの(果物も含む)、たばこ、緑茶、紅茶、ハーブティーは控えなければなりません。ビタミン、ミネラルを消費し正常な細胞活動ができなくなり症状の悪化を招くからです。症状によってはサプリメントも必要になってきます。必要なものはご紹介しております。それから水も大切であります。これが不足しますと筋膜間の水分移動が円滑に行われなくなり、つまり細胞に栄養が運ばれなくなり正常な活動ができなくなり病気になってしまいます。ストレスも重要でカウンセリングなどでの解決も必要になります。そうしたうえで体の歪みを正しますとさまざまな症状は早く改善いたします。

施術法

当院では病気の人は必ず体全体がゆがんでいるという体の見方をしますヘバーデン結節、プシャール結節の人も例外ではありません。(前後、左右、回旋動作をしますとやりにくい動作が必ずあります。これがなくなるとゆがみのない体になります。)実は体全体のゆがみを正すと腎臓のストレスが取れることを発見したのです。かつてヘバーデン結節の患者さんが同じ時期に3人おられました。と言いましてもヘバーデン結節を治すために来ていたのではなく、腰痛、肩コリを治しに来ていました。ところが何度か通ううちにヘバーデン結節が良くなってしまったのです。当院で行っている均整法は体全体のゆがみを正して自然治癒力を高め健康の維持回復を目指すものですがヘバーデン結節にも有効なことがわかったのです。 ホースがねじれますと水の出が悪くなりますが、この状態が体の中でも起こり血液、リンパの流れが悪くなりひいては腎臓のストレスを引き起こしていたということです。 体のゆがみが取れている状態を長く作るのがヘバーデン結節、プシャール結節を良くするコツであります。私の所に来て施術してゆがみを正しても、実生活に戻りますとまたゆがんでしまうことがないように均整体操(三起均整プログラム)を作りました。簡単な動作で体全体のゆがみを正す夢のプログラムです。これを自宅で行うことにより治癒が早くなりました。 また、指を曲げるのがつらい方は手のひらが硬くなっています。よくもみほぐすとその場で楽になります。また、手首をよく振ってもらっても楽になります。 注意点としましては腎臓にストレスがかかることはなるべく避けなければなりませんので以下のことは絶対に行わないでください。甘いもの(果物も含む。)と、コーヒー、アルコール、たばこ、緑茶、紅茶は一定の期間(2週間以上続けると痛みや腫れは治まってきます。途中でやめるとまた元に戻ります)は絶対に取らないでください。特に甘いものと、コーヒーは控えないとよくなりません。水分はなるべく水を飲んでください。やめると月単位でよくなってきます。締め付ける下着の着用もやめてください。負荷をかけるウェイトトレーニングもやめてください。(食べ物や飲み物との関係はこちら

へバーデン結節の治療・施術期間

基本的には1週間に1回を1カ月続けていただきます。その後は様子を見ながら施術間隔を広げていきます。これが一番早く良くする方法です。遠方からの来院で再来院が困難な場合は2週間もしくは1カ月に1回来ていただきます。その間は均整体操(三起均整プログラム)を毎日行ってもらいます。この体操は体のゆがみを整え、あらゆる症状に有効な夢の体操です。正しく行えば早い回復が期待できます。また、遠方にお住まいで来院できない方は「ヘバーデン結節解消プログラム(均整体操とヘバーデン結節に有効なメソッド)」(トップページから購入可能)が出ていますのでこちらを行ってみてください。あきらめないでください。

へバーデン結節の治療・施術例

治療例1

へバーデン結節の治療前の症例画像1

治療前

へバーデン結節の治療後の症例画像1

治療後

1回の施術でここまで変わる人もおられます。 この患者さんはその場で指の第一関節の結節が小さくなり痛みもなくなりました。 効果には個人差があります。

治療例2

へバーデン結節の治療前の症例画像2

治療前

へバーデン結節の治療後の症例画像2

治療後

こちらも指先の赤みばなくなり結節が小さくなっているのがわかると思います。体全体の重心部分の筋膜の緊張を均整体操、均整マニュアルセラピーで取り除くことにより筋膜間の水分代謝がよくなり、そのために炎症が引き始めたと考えられます。あとは体に必要なビタミン、ミネラル、水をとりいれてコーヒー、アルコール、甘いもの、緑茶の濃いものを避け、均整体操、均整マニュアルセラピーを続けていけば改善の見込みがあるでしょう。(上記画像はすべて修正は加えておりません。これが事実なのです。)

へバーデン結節の治療・施術料金

・Aコース(30分まで5400円) 施術のみ。 とりあえず楽にしてほしいという場合にはこちらを。
・Bコース(60分まで10800円) 簡単な説明、施術。 初診、再診の方にお勧めです。均整体操のレクチャーはありません。
・Cコース(90分まで16200円) 簡単な説明、施術、均整体操簡単バージョンのレクチャー
・Dコース(120分まで21600円) 詳しい説明、施術、均整体操フルバージョンのレクチャー、復習。 慢性症状をお持ちの方や遠方であまり来院できない方など初回超おすすめコースです。

※ 初回は出来ればB、C、Dのいずれかをお選びください。 (とりあえず楽にしてほしい方はAでも構いません。その場合は病気の原因(動画)を見てきてください)

※ 慢性疾患の方や、アンチエイジングをご希望の方、また海外、地方などあまり通うことができない方はDコースがお勧めです。
ホルミシスルームを使用することが出来ます(完全予約制)

へバーデン結節の治療・解消のお役立ち情報

1.へバーデン結節と食べ物、飲み物の関係。有効な食生活とは?

2.へバーデン結節の治療に役立つサプリメント。内側から解消。

随時追加中です!

当院のヘバーデン結節の治療事例と症状に関する記事

指のトラブルの解決法は体全体を健康にすることです。

2018.09.18 当院のヘバーデン結節の治療事例と症状

へバーデン結節、プシャール結節などの指の痛みなどのトラブルは、体全体の問題としてとらえなければ絶対によくはなりません。特に腎臓にストレスがかかっていますとそう簡単には改善いたしません。

まずはそのストレスを取り除いていくことから行わなければなりません。栄養なのか、ストレスなのか、体の歪みなのか、まずはカウンセリングでそれを探ることから行うことが早く良くするための早道になります。始めのカウンセリングで治りが決まるといっても過言ではありません。これで原因を追究してから施術を行うと短期間でよくなることがおいです。

体全体を健康にするにはここが第一歩になります。

長年へバーデン結節、子宮筋腫、体の歪み(側弯症)、ストレス、皮膚湿疹を患っている40歳代の女性患者さんの施術例

2018.09.12 体の歪み,均整体操,子宮筋腫,当院のヘバーデン結節の治療事例と症状

昨日、静岡県よりへバーデン結節、子宮筋腫による多量出血、側弯症による骨盤のずれ、ストレス、指際の皮膚湿疹、首肩痛等の症状絵をお持ちの40歳代半ばの女性患者さんが来院しました。

特別コース120分での施術でしたので、カウンセリングに時間をかけました、といいますかストレスがかなりありましたので脳のバランスをとるためにストレスカウンセリング法を使いまずストレスの解消を先に行いました。私は日ごろから訓練をしているため私としゃべりますと短時間でストレスをとることができます。この患者さんは60分ほどかかりました。

栄養面はコーヒー、甘いものをやめて気を付けていましたので、あとは体の歪みでした。

病気の根本原因であります、栄養、ストレス、体の歪みを整えますと慢性病といえども改善する可能性は大いにあります。なぜなら今出ている症状の原因はほとんどこの3つが原因だからであります。

体の歪みを見ますと骨盤の歪みがかなりのものでした。これでは体にいろいろな症状が出るのは当たり前です。

湿疹も出やすいということでしたので肋骨の可動性も見てみました。皮膚は東洋医学では肺に属しますのでそこに動きがつきますとどの場所の皮膚トラブルもよくなってしまうのです。この患者さんは息を吸ってもらいますと肋骨ん下の部分に動きがありませんでした。ここに動きがつけば今日からかゆには出てきません。

まず全体の歪みをとるために特別コースですので自分でゆがみを正す均整体操を一緒に行いました。この患者さんに合った体操を選び、角度のつけ方、力の抜き具合をレクチャーして行いました。この時点で、前後、左右、回旋動作を行ってもらったところヨガの先生並みに柔らかくなりました。これには本人もびっくりです。

残った歪みを均整理論で施術しました。骨盤の歪みは体操だけでは取れませんでしたので手技も必要になります。

体を細かく関節していきますと左足の内側側面に硬いしこりがありました。右にはそれがありません。そのしこりをとることを行い。体の重心部位の筋膜をリリースしますと骨盤の歪みは取れてしまいました。骨盤の歪み首コリなどの原因、ひいては子宮筋腫、大量出血のへバーデン結節の原因は左足の内側側面のこり、これであると私は結論づけました。一連の筋膜リリースのなかで顔の筋膜もリリースしますので目の循環がよくなり緑内障改善、予防、顔の引き締めも自然とできてしまいます。顔が引き締まったのには本人もびっくりされています。

次回の生理がどうなるか楽しみだと本人も言われてお帰りになりました。

当院は車検場みたいなところで定期的にチェックされに来られることを提案しております。自分でできることはお教えいたしますがほとんどの方はそれが続きませんたまにチェックを入れて忘れていたことを思い出すためにも定期的の来院されることを提案しております。

へバーデン結節、股関節痛み、膝痛、足の長さが2センチ違う、背中の痛みありの女性患者さん来院

2018.09.07 当院のヘバーデン結節の治療事例と症状,股関節痛,肩こり,膝痛

昨日、大阪からへバーデン結節、股関節痛、背中の痛みをお持ちの60歳代女性患者さんが来院されました。なんと足の長さが2センチくらい違い、長さが違うのでびっこをひいているような感じで歩かれていました。

へバーデン結節のほうは私の書いているヘバーデン結節解消プログラムで痛みがなくなりました。1年ほど前に左膝を痛めてから右の股関節が曲がらなくなり痛みが出てきたとのことです。

カウンセリングをしますと食べ物のほうは現在は改善しているとのことでしたので、体の歪みを中心に改善することにしました。

均整体操で全体の歪みをと正しました。これだけで足の長さが1センチ戻りました。体全体の柔軟性が出てきました。

その後均整法により細部の施術をいたしました。骨盤がかなり歪んでいましたが施術が終わると足の長さがそろってしまいました。今まで歩きにくかったのがウソのように歩けるようになりました。今月末に再来院いたします。

 

 

へバーデン結節で来院されている患者さん、外反母趾もよくなって来ているとの報告あり

2018.08.31 外反母趾,当院のヘバーデン結節の治療事例と症状

へバーデン結節(指の第一関節の痛み、結節など)で来院されている、70歳代女性患者さんからうれしい報告がありました。

へバーデン結節もよくなりましたが外反母趾のふくらみが小さくなってきていますが、均整法はそれにも効くのですかと。

もちらん外反母趾も改善いたします。外反母趾も関節の病気ですのでその原因はへバーデン結節と同じ腎臓のストレスであります。

病気の根本原因であります栄養、ストレス、体の歪みを正していけばそれも可能ということになります。そう言ったことが知らない人が多くいます。

今後は健康セミナーを開き、病気の原因とその解決法と、体の歪みを正すエキソサイズ(均整体操)を広めていきたいと思っています。

ヘバーデン結節の施術と顔の引き締め(小顔)

2018.08.29 小顔,当院のヘバーデン結節の治療事例と症状

先日、ヘバーデン結節の施術で来院された女性患者さんに言われたことですが、顔の引き締め(小顔)もできるんですねと。

ヘバーデン結節の施術は当院では根本的なところから行います。栄養すなわち食べ物の話、ストレスの取り方、そして体の歪みをただす。これらのことを行いますとほとんどの体の不調は改善いたします。

当院では緑内障など目の病気の方も多いので顔全体の血液循環をよくするために顔面の筋膜緊張を取り除くことを行っております。ヘバーデン結節の患者さんにもこの操縦法を行っております。顔面の深層部の筋膜緊張がとれますと顔の表面筋肉が引き締まります。そうなりますと目が開けやすく見た目も大きくなります。目のたるみも取れてしまいます。結果的に顔が若返ります。また、全身が引き締まりますのでパンツのサイズもダウンいたします。

ヘバーデン結節が改善するということは体の内部から健康にならなければ出来ません。健康になるということはアンチエイジングができ体全体が引き締まりませんとそれはできません。健康になりたい人、今の健康を維持したい方、アンチエイジングをしたい方、体を引き締めたい方、車検と同じように定期的に来院されるとそれがかないます。

 

40歳代女性へバーデン結節、五十肩、頭痛、緑内障の治し方

2018.08.10 プシャール結節,当院のヘバーデン結節の治療事例と症状

40歳代女性で、へバーデン結節、プシャール結節、五十肩、頭痛、緑内障の疑いのある症状をお持ちの患者さんが来院されました。

早速カウンセリング、食べ物では甘いものが大好きということでしたのでこれを一定期間やめてもらうことにしてもらいました。当院に来られるヘバーデン結節の患者さんの70パーセントは食べ物が原因になっています。一番問題なのはコーヒーと甘いものであります。これらが原因の場合はいったん止めてもらわないとよくなりません。詳しくは病気の根本原因を見てください。

ストレスはないということでしたのであとは体の歪みです。体の歪みでは全身体が固くなっていましたのでそれを改善するために均整体操をしてもらいました。その後細部を均整法で施術しますと指の痛みはなくなりました。

家では均整体操をしてもらい2週間後にもう一度来てもらうようにしてもらいました。

Facebookもやっています。

40歳代、へバーデン結節、四十肩、坐骨神経痛をお持ちの患者さんの改善法

2018.07.30 四十肩・五十肩,坐骨神経痛,当院のヘバーデン結節の治療事例と症状

先日、へバーデン結節、四十肩、坐骨神経痛等の症状をお持ちの40歳代女性患者さんが来院されました。

当院に来院されるへバーデン結節患者さんの7割近くは食べ物が原因になっています。こちらの方は紅茶がその原因のようでしたのでそれを一定期間やめていただき水を飲むようにしていただきました。腎臓のストレスがかかりますと関節に症状が出ますのでまずは腎臓のストレスを取り除くことが必要になります。病院で指を使ってはいけないといわれたようでしたので来られた時はもう曲がらなくなっていました。指に限らず体は使うためにありますので使わないと退化してしまいます。

体全体の歪み、柔軟性を出すために均整体操を行いました。その後細部の施術を行いました。四十肩は第七肋間の緊張が原因となっていましたのでその部分を開放しましたところその場で上がるようになりました。坐骨神経痛もその場でなくなりました。指のほうは痛みはありませんでしたが長期間使わなかったので靭帯が骨化しておりその場では完全に曲がるようにはなりませんでした。あとは家でできることを教えて施術は終わりました。

体は使うためにありますので急性期を過ぎましたら動かしながら治すのが正道だと思います。

 

40歳代女性患者さんが二人来院、ともにへバーデン結節でした。

2018.07.21 当院のヘバーデン結節の治療事例と症状

今日はへバーデン結節の新患さんが二人来院されました。ともに40歳代女性でした。一人目の方は朝から腰痛になり均整体操ができないようでしたのでカウンセリングと均整施術を行いました。腰痛体操は行いました。

二人目の方は、3年前から当院のwebサイトを知っていましたが初回の値段が高いのと痛みがない日もありましたので来院されていませんでしたが、最近痛みなどが取れなくなってきましたので慌てての来院となりました。

カウンセリングをしてみますと両者とも甘いものが大好きだということでしたのでまずこれを2週間ほどやめてもらい水を飲むことをお願いしました。これだけでも違和感痛みは取れてしまうことがあります。それほど関係があるのです。。病気の根本原因はwebサイトで読んできていますので食事の注意、ストレス、体の歪みをもう一回お話しし均整体操、均整施術を行いましたところ違和感痛みはなくなってしまいました。

食べ物が原因の場合はまた痛みが出てきますので、2週間甘いものは取らないようにしてもらい。均整体操をしてもらうことにしました。

ヘバーデン結節(手の指の第一関節の痛み、変形)の根本原因は東洋医学では、はっきりしておりズバリ腎臓のストレスなのです。

2018.07.15 当院のヘバーデン結節の治療事例と症状

ヘバーデン結節、つまり手の第一関節の痛み、変形の根本原因動画)は東洋医学では腎臓にストレスであります。

腎臓のストレスは栄養、ストレス、体の歪みにあります。これらをを改善すればヘバーデン結節に限らず難病、慢性症状も改善できてしまうのです。

この中で一番問題になっているのが栄養、食べ物です。ヘバーデン結節の7割の原因が実はこの問題なのです。アルコール、たばこ、コーヒー、紅茶、緑茶、甘いもの(果物含む)これらを常時とっている人は腎臓にストレスを与えており指の第一関節に痛み、変形が起きたものがヘバーデン結節の正体なのです。

現在ヘバーデン結節にかかっている人は一旦上記の食べ物をやめて水を飲むことが一番早く改善する方法となります。それを行ったうえでストレス、体の歪みを正せば早い回復が期待できます。

指の第一関節、第二関節の痛みがあるのに、どこの病院へ行っても異常なしといわれた40代女性患者さんが来院しました。

2018.07.11 当院のヘバーデン結節の治療事例と症状,症状

指の第一関節(ヘバーデン結節)第二関節(プシャール結節)に痛みがあり、曲がりにくくなった40歳代女性患者さんが来院されました。他には緑内障で視野狭窄もありました。

いままで3か所の病院へ行き、どこにいっても異常なしといわれましたが、当然症状は治まらず何とかしたいと思いwebサイトでやっと当院を見つけ来院の運びになりました。

カウンセリングで病気の根本原因の話をしました。その中で甘いものが大好きということでそれが大きな原因の一つでしたのでそれをとりあえず2週間やめて水を飲むことを進めました。

あとは体の歪みにも問題がありましたのでそれを修正するために均整体操、均整法を行いました。すると指の曲がり、痛みがかなり良くなりました。

関節の痛みは腎臓のストレスが原因ですのでよくなってからも甘いものはいまよりも控えなければなりません。

緑内障の原因はこの患者さんは甘いものと体型にありました。膝から下が外に間借り馬足になっていました。この形の足の人は立っているだけで脛の部分が緊張してしまいます。そうなりますとこめかみの部分が張り、目の循環が悪くなります。それがもとで緑内障になってしまったのです。それを修正していけば目の人勧が良くなり改善へと導けるのです。このことは一般の人は知りません。早くこの理論が広がればいいと思います

↑PageTop

お電話03-5370-6780)又はインターネットからご予約頂けます。


三起均整院 - 整体・均整

東京都杉並区久我山4-2-4 久我山センタービル B-201
TEL 03-5370-6780/050-1479-1135
受付時間 9:00~19:00 完全予約制 (休診:日・水・祝)

腰痛肩こり坐骨神経痛膝痛四十肩・五十肩リウマチヘバーデン結節モートン病小顔うつ病...


最新記事

カテゴリー

月別