緑内障・ぶどう膜炎

緑内障

緑内障とは眼圧が高くなり、視神経が障害を受け視野が欠損する病気です。
一般的には自覚症状がないので知らないうちに進行している場合が多いようです。
急性の場合は急激に眼圧が上がる関係で頭痛、目の痛み、吐き気などの症状が出ます。

緑内障の原因

目の中のリンパ液の循環が悪くなり隅角から排出困難になり眼圧が高くなるのが原因とされていますが、近年正常眼圧での緑内障が増えておりその原因ははっいきりとはわかっていない状態です。

緑内障への当院での取り組み

当院では緑内障に限らず、ぶどう膜炎、白内障、ドライアイ、黄斑変性等の目の疾患の方は、目の中のリンパ液、血液の循環が悪い状態が続いた場合におこるものと考えております。濁った池状態にあると考えてください。この状態が長く続くと様々な目の症状が現れるのです。人によって緑内障、白内障、ぶどう膜炎、ドライアイ、黄斑変性、という具合です。それではこれらを改善する方法はどうしたらいいのでしょうか?目の中の循環を良くすればいいのです。目の中の循環の悪い人は必ず目の周辺の筋肉の緊張が見られます。この緊張をとることが全ての目の疾患を改善するためのポイントになります。

では、なぜ目の周りの筋肉が緊張するのでしょうか?
目の使い過ぎ(パソコンなど)、指、手、腕の使い過ぎ(運動、重労働、パソコンなど「三角筋が緊張しますと目周辺の筋肉が緊張します。」)、立ち仕事(脛の横の筋肉「前脛骨筋」が緊張すると目の外側の筋肉が引っ張られ目の循環が悪くなるのです)。ストレス(体全体が緊張します。)などが考えられます。そして重要なのは、これらの原因によって体全体がゆがむのです。

施術法

目の疾患に限らず体に病気がある人は必ず体がゆがんでいます。目の病気の場合、そのゆがみのひずみが目に出ているだけなのです。
前後、左右、回旋動作をしてもらいやりにくい動作を観察します。
次にその人に合った方、均整法で体全体の歪みを整えます。この段階で目周辺の筋肉の緊張が5割ほどとれています。その後、顔全体の筋肉、筋膜を緩める操作を行います。当院では手足の経絡を用いて操作します。(顔には一切触れません。)この方法は眼瞼下垂、三叉神経痛、顔面神経麻痺、小顔にも用いますが非常によく効きます。その場で目の状態が良くなります。ちょうど釣りたての魚のような目の輝きが出てきます。顔全体も引き締まり皆さん喜んでいます。この状態を長く続けると目の循環が良くなり自然治癒力が最大限に働き緑内障の改善が見られるのです。また、目の病気に限らず病気になるには、食べ物、水、ストレス、体の歪みが大きくかかわっています。特に食べ物は重要で症状が出ている人はアルコール、コーヒー、甘いもの、たばこは控えなければなりません。ビタミン、ミネラルを消費し正常な細胞活動ができなくなり症状の悪化を招くからです。症状によってはサプリメントも必要になってきます。必要なものはご紹介しております。それから水も大切であります。これが不足しますと筋膜間の水分移動が円滑に行われなくなり、つまり細胞に栄養が運ばれなくなり正常な活動ができなくなり病気になってしまいます。ストレスも重要でカウンセリングなどでの解決も必要になります。そうしたうえで体の歪みを正しますとさまざまな症状は早く改善いたします。
当院では現代医学では考えられませんが多くの方が改善されています。是非ご相談ください。
前後、左右、回旋動作がスムーズになっているのを確認します。体全体のゆがみが取れた状態となります。
この状態を保つために、当院では均整体操(三起均整プログラム)を自宅で行ってもらいます。均整体操(三起均整プログラム)は自分で体全体の歪みを正し、あらゆる症状に有効な夢の体操です。

施術間隔は最初の1カ月は週一回、その後は様子を見て間隔を決めていきます。地方から来られ、再来院が困難な方でも均整体操(三起均整プログラム)を正しく行えば効果が期待できますのであきらめないでください。やり方は来院時にお教えいたします。
また、地方の方で来院が困難な方は「目のトラブル解消プログラム」(トップページから購入可能)を行うことをお勧めいたします。この中には均整体操や目に効くメソッドが詰まっております。ご活用ください。

緑内障・ぶどう膜炎に関する記事

20歳代前半男性緑内障、アトピー性皮膚炎で来院されました。

2018.06.22 アトピー性皮膚炎,症状,緑内障・ぶどう膜炎

20歳代前半で緑内障、アトピー性皮膚炎をお持ちの男性患者さんが来院されました。すでに視野欠損が始まっており予断を許さない状況でした。

すべての病気は原因がありますがその根本原因動画)は栄養(たべもの)ストレス、体の歪みにあります。緑内障も原因はそこにあります。

カウンセリングでの結果ストレスと体の歪みが原因であるとわかりました。ストレスをとる方法を教えあとは体の歪みであります。体型的に問題があるのは胸郭が異常に硬いということと膝から下がO脚になっていることであります。また動作では後ろに反れないのと、ねじりに制限がありました。東洋医学では皮膚は肺に関係しますのでアトピー性皮膚炎も胸郭の異常緊張が原因の一つと考えられます。また、膝から下がO脚ですとふくらはぎ外側が緊張を起こします。その部分が緊張を起こしますと側頭部が緊張を起こし目の循環が異常に悪くなり目の病気になってしまうのです。それが今回緑内障の形で出たのだと思います。

解決するにはO脚を伸ばし、胸郭の緊張をとるのですが、まず全身の歪みを正さなければなりません。均整体操で全体の歪みを正してから、均整法で細部の歪みを正していきました。遠くから来院されていましたので家でできることを教えて施術終了となりました。

体型、体の歪み、からも目の病気になることはほとんどの方は知りません。こういったことは多くの方に知ってもらいたいものです。

50歳代女性、緑内障、むくみ、頻尿、眠気の症状で来院

2018.05.26 症状,緑内障・ぶどう膜炎

50歳代女性が、緑内障、むくみ、頻尿、眠気などの症状で来院。

昨年夏、目の調子が悪く、眼科の受診を受けたところ緑内障の中期と診断、ほかにむくみ、頻尿、眠気もあり、webサイトで当院を見つけ来院。

カウンセリングで病気の原因動画)を説明、栄養ではコーヒー、甘いものをやめていただき、水を飲むように説明。ストレスの取り方も説明。

体の歪みが大きくかかわっていることも説明。立っているだけで目の周りが緊張を起こし目の循環が悪くなり緑内障に移行と判断しました。

こちらの患者さんはふくらはぎが外に出ている体型をしており、常にふくらはぎが張っていました。この部分が張っていますとこめかみも常に緊張しているのです。その影響で目の循環が悪くなり緑内障へと移行したと思われます。また下半身が異常に緊張していますので頻尿となり、むくみも出ていたのです。眠気もこれが影響となります。

均整体操と均整術でゆがみを正しましたところ。下半身の緊張が取れ目もすっきりして(こめかみの緊張も取れ)違和感がなくなりました。続けていくといい結果が出るでしょう。よろこんでお帰りになりました。

緑内障

2017.12.30 症状,緑内障・ぶどう膜炎

40代前半の女性患者さん来院。正常眼圧で7年前から緑内障の診断を受けたとのこと。目の疲れがひどく、体全体もだるくなり何とかしなけれがいけないと思い当院のウェブサイトを見ての来院。

カウンセリングで甘いものが異常に好きなことと、コーヒーもセットでよく飲むということで、まずこれをやめなければ改善しないことを説明、まず、2週間ほど甘いもの、コーヒーをやめて水をよく飲むことを行ってもらいます。これができるかどうかでほとんど今後の状態が決まってきます。

今のところストレスはひどくないようですので、あとは体の歪みです。体の動きを検査しましたところほとんどの動きに制限がありました。すなわちか体が異常に硬いということです。逆に言いますとこれが改善しますと体の状態は非常に良くなり、目の状態もよくなるということです。

早速、均整体操を行ってもらいました。すると少し体が柔らかくなってきました。もともと運動はほとんど行った経験がありませんでしたので、少し動いただけで辛そうでした。均整体操には椅子バージョンもありますのでそれもお教えいたしました。いくつかの均整体操を終えますと体が楽になり柔軟性も出てきました。その後均整法で体全体の施術を行いました。目の施術も行いましたところ、来た時から目があまり開いていなかったので、開いた状態になり視野が明るくなりました。(当院は車検場みたいのところで体の隅々をチェックすることによりゆがみを整え血液・リンパの流れを正常に保ち健康維持・回復へと導いております。)

家では甘いもの、コーヒをやめてもらい均整体操を毎日行ってもらうように指導いたしました。これを行うと必ずいい結果が出ると勇気づけて施術終了です。

緑内障、近視、目の病気

2017.12.21 症状,緑内障・ぶどう膜炎

緑内障、近視などの目の疾患は目の周りの筋膜の緊張などで目の中の血液・リンパの環が悪くなりそれがもとで起こるとされています。したがって普通はそれをよくするために眼筋・目そのもの、顔面の筋膜・頭の筋膜などにアプローチを行います。

ところが当院ではそのほかの部分にも施術を行います。目の疾患の人の多くはこめかみの筋膜に緊張を起こしています。普通は直接その部位を施術いたしますが、なぜこめかみが緊張をするのかその原因を突き止めることをふつうはしません。ところがその原因がわからないとなかなか改善には結びつきません。

なぜこめかみが緊張するのかは傾斜圧の問題であります。人は立っているだけでその人の体型によって緊張している部分が何か所かあります。それらが引っ張りあうとやりにくい動作が出てきます。やりにくい動作が一つでもあるとその人の体は歪んでいるのです。そのしわ寄せがこめかみに強く出ている人が緑内障などの目の疾患になってしまうのです。特になりやすい人は足のすね、三角筋が緊張を起こしている人です。その部分の調整を先に行うと目の循環は驚くほどよくなり改善へと導いてくれます。普通の人はこの理論を知らないので多くの人に知ってもらいたいです。

緑内障

2017.05.17 症状,緑内障・ぶどう膜炎

先日、50代緑内障の女性患者さんが来院いたしました。右目のほうが悪く手術をしましたが。すぐに眼圧が上がり目がぼやけ再手術を勧められましたがそれを断り、いろいろ探して当院に来院されました。

当院ではすべての気の原因は栄養、ストレス、体の歪み、この3つにあると考えています。緑内障も原因はこの3つであると考えております。

栄養ではアルコール、たばこ、コーヒ、紅茶、緑茶の濃いもの、甘いものこれらを一定期間やめるのが慢性症状を解決する早道であります。この話を最初に行い、コーヒーと甘いもの、アルコールが該当していましたので症状が落ち着くまでやめてもらうことにしました。

ストレスは今は体のことだそうです。

差し後に体の歪みですが、この方は立ってるだけで目の周りが緊張する体型でした。すなわち膝から下がO脚なのです。この形をしていますと立っているだけで脛の部分が緊張し側頭部がいつも緊張してしまうのです。この方は右足が特に緊張していましたので右目が緑内障になったのです。解決するにはこの体型を変えてかなければなりません。

最初に均整体操をしてもらい体全体の歪みを正しました。その後細部の調整を行いました。緑内障の方は立った姿勢で足の甲、足の指の緊張を必ず取らなければなりません。そうしないと目の周りの筋膜の緊張は取れないからであります。また、三角筋に緊張があれがそれもとらなければなりません。そうすることで目の中の濁った池が澄んだ池に代わるのです。目の循環が良くなるということです。そうすれがあとは自分の体が何とかしてくれます。

とりあえず家でできることを教え、通うことができるということでしたので週一回来てもらうことにしました。

ヘバーデン結節、緑内障

2017.05.07 ヘバーデン結節の症状と治療事例,症状,緑内障・ぶどう膜炎

連休明けの昨日、二人の新患さんが来院されました。一人はヘバーデン結節の50代男性患者、もう一人は緑内障の20代女性患者です。

ヘバーデン患者さんへのカウンセリングです。その結果ビール、体の歪みが原因であることが判明。この患者さんは手の指だけではなく足の指にも変形、痛みが出ていました。それを改善してもらうためにビールを2週間やめてもらうことを提案、そして水をよく飲んでもらうことにしました。そして体の歪みですが、立ち仕事で腰、足の緊張が強く体をそらすことができませんでした。均整体操、均整施術でこれを解決。指がスムーズに曲がるようになりました。家で行う方法をレクチャーして施術終了。

もう一人の緑内障の患者さんはカウンセリングで、体の歪みが原因であることが判明。体型に問題がありました。立っているだけで目が緊張するのです。大概若い人の緑内障に多いタイプです。立っている姿勢で膝から下が馬のようにO脚になっているのです。この体型の人は立っているだけで、脛の外側がいつも緊張してしまうのです。この部分が緊張しますと、目の周りの筋肉筋膜が緊張し目の循環が悪くなり様々な目の疾患を起こしてしまうのです。

原因がわかりましたのでそれを改善するために、均整体操、均整施術を行いました。足の緊張が取れ目の周りの緊張も、とれました。これを続ければ緑内障の進行も完全されるでしょう。

家でできることを教えて施術終了です。両者とも地方から来られていましたので定期的に通うことができませんが均整体操を主とした家でできる方法を行いますときっと改善できるでしょう。

緑内障

2017.03.01 症状,緑内障・ぶどう膜炎

20代女性患者さんが東北地方から来院されました。症状は眼圧が高く緑内障になる恐れがあり親族にも緑内障の方が多くいるとのことで心配になり来院されました。

全ての病気の原因は栄養、ストレス、体の歪みにありますので、カウンセリングから始めました。この患者さんに問題があったのは食べ物ではチョコが異常に好きだという事と下半身の緊張、特に足の甲の指の間が異常に詰まっていることでした。動作を見ていきますと前後動作に異常がありました。

均整体操を行い体全体の歪みを正しますと下半身の緊張が取れました。そうしますと前後動作もスムーズにできる様になりました。

その後均整法で細部の調整を行いますと目の周りの筋膜の緊張が取れ目が開き始めました。

遠くから来られていまして通う事ができませんので家では均整体操とbonboneキューブを行ってもらい常に下半身の緊張をとるように指導いたしました。そうすれば眼圧が下がり緑内障の心配もなくなるものと思います

ヘバーデン結節、モートン病、緑内障、股関節痛

2016.09.18 ヘバーデン結節の症状と治療事例,モートン病の症状と治療事例,症状,緑内障・ぶどう膜炎,股関節痛

当院はヘバーデン結節、モートン病、緑内障、股関節痛の患者さんがインターネット上でこれらの解消プログラムを販売している関係で多く来院されます。

もちろん個々の病気に対応する方法も大切ですが、当院ではどんな病気でもその原因を栄養、ストレス、からだの歪、この3つであると位置づけております。

初診の方、特に慢性症状をお持ちの方はカウンセリングを30分ほど行います。その中で病気の原因の説明を行います。ほとんどの方は初めて聞く話ばかりだと思います。上記3つの病気の原因を同時に取り除くことが症状の早い回復につながります。

特に体の歪みが病気の原因の一つだという事はほとんどの方は知りません。見た目は姿勢がいいように見えましても前後、左右、回旋動作をしてやりにくい動作が一つでもあれば体は歪んでいるのです。当院では前後、左右、回旋動作がすべてスムーズにできるように導きます。特に最初に行う均整体操は自分で歪みをとることができるものですので大いに活用してください。

最後に均整マニュアルセラピーで体全体の歪みを正します。

以上の方法を行いますとどんな症状の方も早く解決に導けるものであります。なかなか症状が回復しない方は一度この方法をお試しください。

緑内障

2016.01.30 症状,緑内障・ぶどう膜炎

20代男性患者が来院しました。緑内障で左目の眼圧が高いということでした。

いつもの様に病気の原因栄養、ストレス、体のゆがみの話しから入りました。
栄養ではコーヒーが好きで毎日飲んでいるとのことでしたのでまずこれをやめてもらいました。
コーヒーは交感神経を興奮させますので血管が収縮させます。当然緑内障にはよろしくないので当分の間やめてもらうことにしました。
ストレスは現在はないという事でしたのであとは体の歪みであります。
体の左にいつも違和感があるという事でしたので、体のゆがみを調べてみました。
この方の一番のポイントは左足のO脚でした。左の足の膝から下がO脚になっているのです。その部分が緊張を起こしこめかみの筋膜の緊張を起こし目の循環を障害していると思われました。
また、左背部が盛り上がっておりその関係で胃の調子も悪いようです。
これらを改善すべく、均整体操均整マニュアルセラピーを施したところ左足ものび、左背部の緊張も取れました。
また、後ろに傾いていた体も前にもどりました。
後は家で行うことを教えて施術終了です。2週間に一回、来れなければ月に1回程度来てもらうようにしました。

緑内障

2015.12.27 症状,緑内障・ぶどう膜炎

先日、緑内障でお困りの女性患者さんが来院されました。眼圧はそれほど高くないのに眼圧を下げる薬を点眼するしか方法がなく。現代医学ではどうしようもないのが現実であります。

緑内障に限らず目の病気は、目の中の血流が悪くなりそれがもとでいろいろな病気になります。
それではなぜ血流が悪くなるのかといいますと栄養、ストレス、体の歪みに起因いたします。
栄養では体に良いものを取り入れて、悪いものを取り入れないこと、腸内の状態を整え、必要な栄養素を取り入れる事が必要になります。
常時とると体にあまり良くないものは、アルコール、タバコ、コーヒー、緑茶、紅茶、甘いもの(果物含む)これらを避ける事が必須うになります。次に体にいいもの、これは水であります。あとビタミンCをとります。また。栄養素が足りないとくにミネラルがたりなくて病気になる方が多いのでマルチビタミン、オメガ3などを補給いたします。
腸内を整えるにはプロバイオティクス(乳酸菌、ビフィズス菌)プレバイオテイクス(穀物、バナナ、ニンニク、アスパラ)が必要になります。
ストレス、カウンセリング、オンサ療法、ESRなどで対処します。
体の歪み 目の循環が悪くなるのは目の近辺の筋膜が緊張を起こすからでありますが、そこだけが緊張しているのではなく、体型により何か所か緊張する部位が決まっているのです。そのしわ寄せが目に来て循環が悪くなり緑内障になっているのです。
どうすればよいかといいますと体全体の歪みをとるためにその人の体型を調べ緊張している部分を探りあてそこを解放すればいいのです。そうすれば目周辺の緊張が取れ血流が良くなるのです。
上記栄養、ストレス、体の歪みを正すと目だけではなく今調子の悪いところがすべて良くなり始めます。

↑PageTop

お電話03-5370-6780)又はインターネットからご予約頂けます。


三起均整院 - 整体・均整

東京都杉並区久我山4-2-4 久我山センタービル B-201
TEL 03-5370-6780/050-1479-1135
受付時間 9:00~19:00 完全予約制 (休診:日・水・祝)

腰痛肩こり坐骨神経痛膝痛四十肩・五十肩リウマチヘバーデン結節モートン病小顔うつ病...


最新記事

カテゴリー

月別