症状

適応症状

均整術(整体)の適応範囲は広く、外科手術を伴うもの意外はほとんど取り扱うことができます。

特に五十肩四十肩ヘバーデン結節飛蚊症緑内障股関節痛膝痛腱鞘炎については本をインターネット上で出版している関係上全国から施術を受けに来られます。

五十肩四十肩のついては一般の施術理論とはまったく異なった画期的な施術を行い1回で楽になる方法を確立しております。
ヘバーデン結節も何故できるのか原因がわかっていますのでそれを取り除き自宅でできる体操を行うと次第に改善してきます。
飛蚊症は黒い点が見えるものは1回で改善した例が多数あります。

症状別のご案内

 

自分の疾患が適応するかどうか不安な方はご相談下さい。

※均整術(整体)では病名による施術はいたしません。→均整院とは

症状に関する記事

40歳代女性へバーデン結節、五十肩、頭痛、緑内障の治し方

2018.08.10 プシャール結節,ヘバーデン結節の症状と治療事例

40歳代女性で、へバーデン結節、プシャール結節、五十肩、頭痛、緑内障の疑いのある症状をお持ちの患者さんが来院されました。

早速カウンセリング、食べ物では甘いものが大好きということでしたのでこれを一定期間やめてもらうことにしてもらいました。当院に来られるヘバーデン結節の患者さんの70パーセントは食べ物が原因になっています。一番問題なのはコーヒーと甘いものであります。これらが原因の場合はいったん止めてもらわないとよくなりません。詳しくは病気の根本原因を見てください。

ストレスはないということでしたのであとは体の歪みです。体の歪みでは全身体が固くなっていましたのでそれを改善するために均整体操をしてもらいました。その後細部を均整法で施術しますと指の痛みはなくなりました。

家では均整体操をしてもらい2週間後にもう一度来てもらうようにしてもらいました。

Facebookもやっています。

腰から足のしびれ、首の痛みの取り方

2018.08.07 坐骨神経痛,首の痛み

70歳代後半男性患者さんが来院。右坐骨神経痛、右首の痛みがあり、指先と足先がすぐに冷えてしまう症状がありました。

いつものようにカウンセリング、お酒とコーヒーを毎日飲んでいるということでしたので一旦、やめてもらことにしました、腎臓にストレスをかけてしまうからです。腎臓にストレスをかけてしまいますと関節の痛みは取れません。やめて水を飲目がよくなります。

重心がつま先でしたので腰痛体操をしてもらい均整術で施術いたしましたらしびれ、痛みはなくなりました。

症状を追わず体型を整えますと慢性症状でも改善いたします。

裸足で外を歩くことの勧め

2018.08.02 膝痛

先日、急に右膝が痛くなりました。原因は足に合わない靴を履いたからであります。友人に施術してもらい楽になりましたが、右足が非常に硬くなっていましたので足の裏を刺激しておりました。そして一番聞いたのは外を裸足で歩くことでした。朝、犬の散歩をするときに裸足で歩きました。足が疲れた時など昔に裸足で歩くと楽になることがわかっていましたので今回も試しに歩いてみました。15分くらい。足全体が柔らかくなるのがわかります。当然膝も楽になりました。

昔クラブ活動で剣道部、柔道部などの生徒がよく裸足でランニングしていたのは実は足が柔らかくなり、けがの予防に大いに役立っていたのだと思います。今はあまり見かけませんが理にかなったことをやっていたのだと思います。

皆さんも一度朝、裸足で15分ほど外を歩いてみてはいかがですか?(ガラスなども落ちている場合がありますのでケガには十分気を付けて自己責任で行ってください。)。

40歳代、へバーデン結節、四十肩、坐骨神経痛をお持ちの患者さんの改善法

2018.07.30 ヘバーデン結節の症状と治療事例,四十肩・五十肩,坐骨神経痛

先日、へバーデン結節、四十肩、坐骨神経痛等の症状をお持ちの40歳代女性患者さんが来院されました。

当院に来院されるへバーデン結節患者さんの7割近くは食べ物が原因になっています。こちらの方は紅茶がその原因のようでしたのでそれを一定期間やめていただき水を飲むようにしていただきました。腎臓のストレスがかかりますと関節に症状が出ますのでまずは腎臓のストレスを取り除くことが必要になります。病院で指を使ってはいけないといわれたようでしたので来られた時はもう曲がらなくなっていました。指に限らず体は使うためにありますので使わないと退化してしまいます。

体全体の歪み、柔軟性を出すために均整体操を行いました。その後細部の施術を行いました。四十肩は第七肋間の緊張が原因となっていましたのでその部分を開放しましたところその場で上がるようになりました。坐骨神経痛もその場でなくなりました。指のほうは痛みはありませんでしたが長期間使わなかったので靭帯が骨化しておりその場では完全に曲がるようにはなりませんでした。あとは家でできることを教えて施術は終わりました。

体は使うためにありますので急性期を過ぎましたら動かしながら治すのが正道だと思います。

 

40歳代女性左坐骨神経痛(腰痛)患者さん来院。

2018.07.24 坐骨神経痛,腰痛

定期的に来院されている、患者さんが今日は左坐骨神経痛(腰痛)があり何とかしてほしいと来院。

体を見てみますと、左足の膝から下が外側に膨らんでおり(馬足)それが原因であると考え、全体調整の後下肢外側部の筋膜の緊張を正す調整をしましたところ腰痛は改善いたしました。

体の形が原因で腰痛を起こしていました。

40歳代女性患者さんが二人来院、ともにへバーデン結節でした。

2018.07.21 ヘバーデン結節の症状と治療事例

今日はへバーデン結節の新患さんが二人来院されました。ともに40歳代女性でした。一人目の方は朝から腰痛になり均整体操ができないようでしたのでカウンセリングと均整施術を行いました。腰痛体操は行いました。

二人目の方は、3年前から当院のwebサイトを知っていましたが初回の値段が高いのと痛みがない日もありましたので来院されていませんでしたが、最近痛みなどが取れなくなってきましたので慌てての来院となりました。

カウンセリングをしてみますと両者とも甘いものが大好きだということでしたのでまずこれを2週間ほどやめてもらい水を飲むことをお願いしました。これだけでも違和感痛みは取れてしまうことがあります。それほど関係があるのです。。病気の根本原因はwebサイトで読んできていますので食事の注意、ストレス、体の歪みをもう一回お話しし均整体操、均整施術を行いましたところ違和感痛みはなくなってしまいました。

食べ物が原因の場合はまた痛みが出てきますので、2週間甘いものは取らないようにしてもらい。均整体操をしてもらうことにしました。

肩が上に上がらない五十肩患者さんを最も早く改善させる方法

2018.07.17 四十肩・五十肩,症状

60歳代で肩が上、横、後ろに上がらない五十肩の女性患者さんが来院されました。

3年ほど前に来院されていましたが、いろいろな症状が早く良くなるのを知っていましたのでそれを思い出しての来院になりました。

普通五十肩といいますと肩の退行性変化により肩関節が炎症を起こし痛み、動きの制限が出るといわれていますが、当院では体の重心部の筋膜緊張がその原因でそれを解きほぐすことにより肩の動きを回復させます。

この患者さんは左腰の筋膜の異常緊張がありましたのでそれを解き解くために、均整体操のしゃがむ動作をしてもらいました。これを行いますと腰の緊張が取れます。腰の緊張が取れますと胸郭の緊張が取れ肩上がりやすくなります。之で7割くらい肩ががるようになりました。あとは均整法で残った筋膜の緊張を取り除くと完全に肩は上がるようになりました。普通五十肩は1年から2年治るのにかかりますがこの方法ですと程度の差はありますが短期間でよくなります。

五十肩は肩の病気ではなく全身の重心部分の筋膜の緊張がこの患者さんの場合は原因となっており、そのしわ寄せが肩にでただけなのです。詳しくは病気の根本原因動画)を見てください

ヘバーデン結節(手の指の第一関節の痛み、変形)の根本原因は東洋医学では、はっきりしておりズバリ腎臓のストレスなのです。

2018.07.15 ヘバーデン結節の症状と治療事例

ヘバーデン結節、つまり手の第一関節の痛み、変形の根本原因動画)は東洋医学では腎臓にストレスであります。

腎臓のストレスは栄養、ストレス、体の歪みにあります。これらをを改善すればヘバーデン結節に限らず難病、慢性症状も改善できてしまうのです。

この中で一番問題になっているのが栄養、食べ物です。ヘバーデン結節の7割の原因が実はこの問題なのです。アルコール、たばこ、コーヒー、紅茶、緑茶、甘いもの(果物含む)これらを常時とっている人は腎臓にストレスを与えており指の第一関節に痛み、変形が起きたものがヘバーデン結節の正体なのです。

現在ヘバーデン結節にかかっている人は一旦上記の食べ物をやめて水を飲むことが一番早く改善する方法となります。それを行ったうえでストレス、体の歪みを正せば早い回復が期待できます。

指の第一関節、第二関節の痛みがあるのに、どこの病院へ行っても異常なしといわれた40代女性患者さんが来院しました。

2018.07.11 ヘバーデン結節の症状と治療事例,症状

指の第一関節(ヘバーデン結節)第二関節(プシャール結節)に痛みがあり、曲がりにくくなった40歳代女性患者さんが来院されました。他には緑内障で視野狭窄もありました。

いままで3か所の病院へ行き、どこにいっても異常なしといわれましたが、当然症状は治まらず何とかしたいと思いwebサイトでやっと当院を見つけ来院の運びになりました。

カウンセリングで病気の根本原因の話をしました。その中で甘いものが大好きということでそれが大きな原因の一つでしたのでそれをとりあえず2週間やめて水を飲むことを進めました。

あとは体の歪みにも問題がありましたのでそれを修正するために均整体操、均整法を行いました。すると指の曲がり、痛みがかなり良くなりました。

関節の痛みは腎臓のストレスが原因ですのでよくなってからも甘いものはいまよりも控えなければなりません。

緑内障の原因はこの患者さんは甘いものと体型にありました。膝から下が外に間借り馬足になっていました。この形の足の人は立っているだけで脛の部分が緊張してしまいます。そうなりますとこめかみの部分が張り、目の循環が悪くなります。それがもとで緑内障になってしまったのです。それを修正していけば目の人勧が良くなり改善へと導けるのです。このことは一般の人は知りません。早くこの理論が広がればいいと思います

フランスからの患者さん踵の痛みで来院。

2018.07.10 症状,膝痛

以前に来院されたフランスの患者さんが再来院されました。2月に来院された時はピアノコンサートの後肩が上がらなくなり、紹介で来院されました。次のコンサートにまでには無事治り事なきを終えました。

今回は、1メートルくらいの高さから飛び降りた時に踵が痛くなり3週間たっても痛みが取れないということで来院されました。

体を見てみますと踵が異常に硬くなっていました。均整法では打撲に有効な方法があります。先日も転んで頭を打って顔にあざができた患者さんが来院されましたが、その施術をしましたら次の日にはあざが引いてしまいました。本人はびっくりしていました。

そういった方法を交えて施術を行いましたら踵の硬いのが柔らかくなり踵の循環がよくなりました。そうなりますと炎症が早く引き治癒へと導きます。楽になって帰られました。

↑PageTop

お電話03-5370-6780)又はインターネットからご予約頂けます。


三起均整院 - 整体・均整

東京都杉並区久我山4-2-4 久我山センタービル B-201
TEL 03-5370-6780/050-1479-1135
受付時間 9:00~19:00 完全予約制 (休診:日・水・祝)

腰痛肩こり坐骨神経痛膝痛四十肩・五十肩リウマチヘバーデン結節モートン病小顔うつ病...


最新記事

カテゴリー

月別