最新の記事

慢性的な肩こりを解消するにはどうすればよいでしょうか?

2018.08.17 肩こり

どんな症状にも必ず原因があります。慢性的な肩こりにも当然あるわけであります。あらゆる病気の根本原因は栄養、ストレス、体の歪みにあります。それらを正せばいいのです。

先日来院された患者さんは小さの赤ん坊がいるお母さんでした。抱っこなどで腕を使い全身疲労状態でした。重労働により肩こりがきていました。同じ動作をすることにより背中肩ががちがちになっていました。普段行わない動きを誘導し、それに抵抗する動きを加えて施術いたしました。30分後には背中の凝りはなくなっていました。

 

40歳代女性へバーデン結節、五十肩、頭痛、緑内障の治し方

2018.08.10 プシャール結節,当院のヘバーデン結節の治療事例と症状

40歳代女性で、へバーデン結節、プシャール結節、五十肩、頭痛、緑内障の疑いのある症状をお持ちの患者さんが来院されました。

早速カウンセリング、食べ物では甘いものが大好きということでしたのでこれを一定期間やめてもらうことにしてもらいました。当院に来られるヘバーデン結節の患者さんの70パーセントは食べ物が原因になっています。一番問題なのはコーヒーと甘いものであります。これらが原因の場合はいったん止めてもらわないとよくなりません。詳しくは病気の根本原因を見てください。

ストレスはないということでしたのであとは体の歪みです。体の歪みでは全身体が固くなっていましたのでそれを改善するために均整体操をしてもらいました。その後細部を均整法で施術しますと指の痛みはなくなりました。

家では均整体操をしてもらい2週間後にもう一度来てもらうようにしてもらいました。

Facebookもやっています。

腰から足のしびれ、首の痛みの取り方

2018.08.07 坐骨神経痛,首の痛み

70歳代後半男性患者さんが来院。右坐骨神経痛、右首の痛みがあり、指先と足先がすぐに冷えてしまう症状がありました。

いつものようにカウンセリング、お酒とコーヒーを毎日飲んでいるということでしたので一旦、やめてもらことにしました、腎臓にストレスをかけてしまうからです。腎臓にストレスをかけてしまいますと関節の痛みは取れません。やめて水を飲目がよくなります。

重心がつま先でしたので腰痛体操をしてもらい均整術で施術いたしましたらしびれ、痛みはなくなりました。

症状を追わず体型を整えますと慢性症状でも改善いたします。

裸足で外を歩くことの勧め

2018.08.02 膝痛

先日、急に右膝が痛くなりました。原因は足に合わない靴を履いたからであります。友人に施術してもらい楽になりましたが、右足が非常に硬くなっていましたので足の裏を刺激しておりました。そして一番聞いたのは外を裸足で歩くことでした。朝、犬の散歩をするときに裸足で歩きました。足が疲れた時など昔に裸足で歩くと楽になることがわかっていましたので今回も試しに歩いてみました。15分くらい。足全体が柔らかくなるのがわかります。当然膝も楽になりました。

昔クラブ活動で剣道部、柔道部などの生徒がよく裸足でランニングしていたのは実は足が柔らかくなり、けがの予防に大いに役立っていたのだと思います。今はあまり見かけませんが理にかなったことをやっていたのだと思います。

皆さんも一度朝、裸足で15分ほど外を歩いてみてはいかがですか?(ガラスなども落ちている場合がありますのでケガには十分気を付けて自己責任で行ってください。)。

40歳代、へバーデン結節、四十肩、坐骨神経痛をお持ちの患者さんの改善法

2018.07.30 四十肩・五十肩,坐骨神経痛,当院のヘバーデン結節の治療事例と症状

先日、へバーデン結節、四十肩、坐骨神経痛等の症状をお持ちの40歳代女性患者さんが来院されました。

当院に来院されるへバーデン結節患者さんの7割近くは食べ物が原因になっています。こちらの方は紅茶がその原因のようでしたのでそれを一定期間やめていただき水を飲むようにしていただきました。腎臓のストレスがかかりますと関節に症状が出ますのでまずは腎臓のストレスを取り除くことが必要になります。病院で指を使ってはいけないといわれたようでしたので来られた時はもう曲がらなくなっていました。指に限らず体は使うためにありますので使わないと退化してしまいます。

体全体の歪み、柔軟性を出すために均整体操を行いました。その後細部の施術を行いました。四十肩は第七肋間の緊張が原因となっていましたのでその部分を開放しましたところその場で上がるようになりました。坐骨神経痛もその場でなくなりました。指のほうは痛みはありませんでしたが長期間使わなかったので靭帯が骨化しておりその場では完全に曲がるようにはなりませんでした。あとは家でできることを教えて施術は終わりました。

体は使うためにありますので急性期を過ぎましたら動かしながら治すのが正道だと思います。

 

↑PageTop

お電話03-5370-6780)又はインターネットからご予約頂けます。


三起均整院 - 整体・均整

東京都杉並区久我山4-2-4 久我山センタービル B-201
TEL 03-5370-6780/050-1479-1135
受付時間 9:00~19:00 完全予約制 (休診:日・水・祝)

腰痛肩こり坐骨神経痛膝痛四十肩・五十肩リウマチヘバーデン結節モートン病小顔うつ病...


カテゴリー

月別