最新の記事

感情をコントロールする方法とは

2019.01.16 症状

感情

東洋医学では五臓が感情をコントロールしています

人は感情によって生きているといっても過言ではありません。感情によってその人の行動が決まってしまいます。

東洋医学では五臓により感情がコントロールされています。

肝臓は怒り 心臓は喜び、脾臓は思い、肺臓は憂い、腎臓は恐れをコントロールしています。

五臓を元気にするには、すなわち健康体でいるには何をやればいいのかということになります。

食べ物、ストレス、体の歪みこれらを正せばいいのです。

病気の根本原因

病気の種類は五万とありますがその真の原因は突き詰めていきますと以下の3つに集約されると思います。

1 栄養

 

2 ストレス

 

3 体の使い方・歪み

 

 

栄養

栄養というのは一言で言いますと体にいいものを取り込んで、悪いものを取り込まないのが基本となります。毎日一定以上の量を取り込むと体によろしくないものとしてはアルコール・コーヒー・たばこ・甘いもの(果物も含みます。)緑茶の濃いもの、薬、食品添加物などであります。

 

体に不具合だ出ている人は上記のものは一定期間やめなければなりません。

 

私が最初におすすめしているのはまず2週間は完全にやめることです。2週間すると体が楽に感じるようになってきます。そうするともう少し続けようという気になります。

 

そして水をよく飲んでください。一日1500ccから2000cc位。またビタミンCを飲むこともおすすめいたします。抗酸化作用が強いものですのでフリーラジカルの掃除を行います。またコラーゲンの原料ですので細胞膜の再生にも役立ち体の柔軟性も増します。

 

当院ではまず最初に上記のことをどんな症状の人にもお勧めしております。

 

栄養療法の第二段階としましては、体の各器官が正常に働くためには90種類の栄養素が必要だといわれています。(米国ナチュロパシックドクター説)その内訳は60種類のミネラル・16種類のビタミン・12種類のアミノ酸・2種類の脂肪酸です。

 

ところが現代ではこれらの栄養素が十分に取れていないといわれています。それが原因で体の調子を崩すことにもなります。そういったことで当院ではマルチビタミンの摂取・及びオメガ3の摂取をお勧めしております。

 

オメガ3とはEPA・DHAのことで必須脂肪酸であります。炎症止め、血管の掃除のやくめがあり皮膚、関節、脳血管系のヘルスケアに役立ちます。

 

ストレス

ストレスはだれにでもあり、普通のストレスであるならば問題はありません。重篤なストレスがある人はそれを解決しなければなりません。カウンセリング、オンサ療法、ESR,手技療法で解決していきます。

 

体の使い方・歪み

体の調子を崩している方は、ちょうどホースがねじれた状態となっており、血流、リンパの流れが悪くなっています。

 

体を動かしてみますと例外はありますが前後、左右、回旋動作を行うとやりにくい動作が出てきます。一つでもこれがあると体は歪んでいます。この3つの動作がすべてスムーズにできるようになるとゆがみは取れているということになります。

 

また、体の掃除をするには筋膜間のスムーズな水分移動が必要とされていますが、当院では体の重心部分の筋膜をリリースすることにより体全体のゆがみを取り除いておりますので、体で発生した代謝産物をスムーズに処理できるからだに戻すことができます。そうすると病気の早期改善につながるだけではなくアンチェインジング(若返り)にもつながってきます。

 

 

例、F1(前重心)の人は、立っているだけで赤い部分に重心がかかります。それ自身問題はありませんが、今は便利な世の中で、朝起きて夜寝るまで毎日同じ体の使い方をします。そうしていますとF1の方は赤い部分が硬くなります。

 

そうなりますと筋膜が引っ張り合いF1体型の方は前屈ができなくなります。そんな時に膝、指、腰、肩、目などに異常を感じると病院ではその部位を治療しますが、私のところでは赤い部分の緊張をすべてほどくようなことを行います。

 

そうしますと前屈ができるようになりねじれたホースが元に戻り健康へと自然と導かれます。

 

F1(前重心)の方はどんな症状でも下記の赤い部分の緊張をとるようなことを行います。

 

そうするとゆがみが取れ筋膜間の水分移動が起こることにより代謝産物の早期処理が行われるため自然治癒力が最大限に発揮できます。

 

当院はそういった施術を行い短期間で症状改善を行っております。また、自宅では自分で体のゆがみをとることができる均整体操をしていただき早い回復、健康維持、アンチェインジング(若返り)に役立てていただいております。

 

また、当院では定期的に施術を受けることを進めております。ご自宅では均整体操をしていただき月に一度は体全体の体のゆがみを正すことにより(重心部分の筋膜間のリリースを行うことにより代謝産物の迅速な処理)健康維持、病気予防、アンチェインジング(若返り)にお役立ていただいております。

 

 

とりわけ体の歪みは均整体操で正せますので是非やってみてください。

均整体操指導者養成講座募集中

体の緊張の取り方

2019.01.15 症状

体全体の緊張をとる方法

脳の緊張を整えると体の力は取れてきます。

重労働をしていないのに体がカチカチの人がいます。当院には知的障害をお持ちの患者さんもおられますのでそういった人にもこれからお話しすることを行いますと力が抜けてきます。

そういった人達はは自分で自分の体に力を入れて生活しています。

それを正すためには脳の緊張をとる必要があります。

脳の緊張をとるにはいろいろな方法がありますが、足と手の伸筋を引っ張ると脳に刺激が入り力が抜けてきます。

伸筋を伸ばすように10から15秒足を引っ張ります。その後一旦もどし3呼吸間を置き、また引っ張ります。3回行ってください。

腕の方も同じように伸筋に張力が出るように引っ張ります。同じように3回行います。

体の力が抜けてきます。

 

卵巣嚢腫の改善法

2019.01.14 卵巣嚢腫

卵巣嚢腫

婦人科の病気は東洋医学では腎臓のストレスが原因です。

卵巣嚢腫に限らず婦人科の病気は東洋医学では腎臓のストレスが原因となっています。

腎臓がストレスを受けるのは食べ物、ストレス、体の歪みにあります。

これらを解決すると婦人科の病気はよくなってしまいます。

食べ物では特にコーヒー、紅茶、緑茶、甘いもの、果物をいったん止めなければなりません。そして水をよく飲むのがポイントになります。

そして体の歪みを正さなければなりません。とくに太ももが固い人が婦人科疾患になりますので、かかとを挙げて下までしゃがむ動作を毎日行います。そうしますと腰の緊張が取れます。腰の緊張が取れますと腹部内臓器の循環がよくなります。

体を前後、左右7、回旋動作を行いやりにくい動作を見ておいてください。

そして均整体操を毎日行ってください。終わった後にやりにくい動作がやりやすくなれば歪みは取れてきています。これを反復しますとよくなってきます。

自分で自分の病気の治し方、知りたい方いませんか?

2019.01.13 症状

病気の根本原因

食べ物、ストレス、体の歪みこれらを正す。

自分で病気を治すには食べ物、ストレス、体の歪みこれらを同時に正す必要があります。

食べ物では、アルコール、たばこ、コーヒー、紅茶、緑茶、甘いもの、果物、薬、食品添加物を避けることがまず大事です。

そして水をよく飲んでください。

ストレス、これもコントロールする必要があります。ストレス状態の脳は片方の脳しか活動していませんので両方の脳の血流ををよくすることを行いますと楽になります。

体の歪み、見た目の歪みだけではなく、前後、左右、回旋動作がすべてスムーズにできなければ体は歪んでいます。

それをとるためには、特に自分で改善するためには均整体操がいいと思います。やってみてください。

自分で病気を治す方法を本気で教えてほしい方は三起均整院で教えるコースがありますのでそちらを選んで一度来院してください。

50歳代女性へバーデン結節の患者さん来院

2019.01.12 症状

へバーデン結節の臨床事例

糖尿病も持っており今のうちに何とかしたくて来院

先日、50歳代後半の女性患者さんが来院されました。主訴は指の痛みでへバーデン結節があります。また、2型の糖尿病も持っており、白内障の手術も行っている患者さんでした。

いつものようにカウンセリング、甘いもの、とコーヒーを毎日摂っていましたので、まずそれを2週間やめて水とビタミンCをとってもらうことをお願いしました。

へバーデン結節は腎臓の慢性的な疲れが原因となっていますのでまずは、腎臓を休めることが必要になります。そのためには甘いもの、コーヒ―は一旦やめてもらわないといけません。

ストレスはそんなになく、あとは体の歪みです。

体の歪みでは後ろに反る動作ができませんでした。均整体操を行ってもらいましたところ体全体が柔らかくなりびっくりされていました。その後均整法で細部の歪みを正しました。すると指がものすごく曲げやすくなりました。

病院では良くならないといわれていましたのであまり期待はしていなかったようですが、ここまで楽になるとは思っていなかったようです。

当院のサイトも以前から見ていましたが、いよいよ他の指もつらくなってきたので来院の運びとなりましたが持っと早く来ていればと思います。

指の方がよくなれば、糖尿のほうもよくなります。体はつながっていますから。糖尿から病気が移行してきただけですから片方がよくなれば、もう片方もよくなります。

↑PageTop

お電話03-5370-6780)又はインターネットからご予約頂けます。


三起均整院 - 整体・均整

東京都杉並区久我山4-2-4 久我山センタービル B-201
TEL 03-5370-6780/050-1479-1135
受付時間 9:00~19:00 完全予約制 (休診:日・水・祝)

腰痛肩こり坐骨神経痛膝痛四十肩・五十肩リウマチヘバーデン結節モートン病小顔うつ病...


カテゴリー

月別