均整法とは?

昨日は勉強会の日でした。この日は基本に戻って均整法の施術とはについて話しました。均整法は、観察、設計、調整、確認の順番に施術が行われますが、一番重要なことは観察をすることです。それも体全体です。患部だけをするようなことはしません。体全体を見るのです。ほとんどの人がこれを行っていません。施術をしながらここも硬いねーといいながら硬い所をほぐしていきます。均整術は症状を追うようなことはしません。体のゆがみを整えるのです。そうしますと自然治癒力が最大限に働き自然と良くなってくるのです。この日は背中の刺激だけで体全体を整えることを行いました。腰痛、膝痛、内臓病なんでもこれを行えばいいのです。背中2~3箇所に刺激を行いそれだけで調整を終えることを講義しました。また、均整法の中にもいろいろなテクニックがありますがあくまでもそれが主ではなく、主になるのは体全体を整える体型調整であり他のテクニックは付属であります。これが分からないと普通の整体屋になってしまいます。この日は捻挫についてもお話しましたがこれも同じで捻挫のテクニックは従です。その証拠に体型調整をしたら捻挫のテクニックは必要でなくなるくらいにポイントが緩みました。今後きっとこの方法が広まっていくでしょう。