月別: 2017年2月

モートン病、肩こり、首こり、腰痛

2017.02.28 当院のモートン病の治療事例と症状,症状

モートン病の女性患者さんが来院、長く歩いたり、ヒールのある靴を履くと左足の第3指、第4指の裏が痛くなるとのこと。また首、肩、腰もパンパンに張っているとのこと。便秘もありです。ホームページを見ての来院でした。

いつものようにカウンセリングから入りました。病気の根本原因は栄養、ストレス、体のゆがみ、にありますのでそれをはじめにお聞きしました。

栄養すなわち食べ物ではコーヒーと甘いものをとっていましたのでこれをとりあえず2週間やめてもらうことにしました。関節の慢性的な痛みは、腎臓のストレスが原因となっていますので、腎臓を休めるためにこれらをとるのをやめてもらいます。早い人では2週間で関節の痛みは止まります。

ストレスは多少ありましたのでキネシオロジーのESR[をお教えしました。おでこに手を当てる方法です。

最後に体のゆがみです。体の動きを見ますと前後、左右、回旋動作すべての動きが悪く硬かったので、ゆがみとしては相当ありました。

最初に均整体操をしてもらいました。終わった段階で体の柔軟性はほぼ回復いたしました。足の痛みもありません。体が柔らかくなるのに年齢は関係ありません。ある動作を行いますと体は柔らかくなるのです。ホームページにもこのことが書かれていましてこのことを信じて当院に来院したとのことです。それが本当であったことに大変喜んでいました。

その後均整法で細部の調整を行いました。車で言いますと車検のようなものです。重心部の筋膜をリリースいたしますので体全体の柔軟性が回復し水分代謝がよくなり体が引きしまします。顔も引き締まり目も大きくなり大変喜んでお帰りになりました。次回は2週間後に来院です。

bonboneキューブ

2017.02.24 むくみ,四十肩・五十肩,坐骨神経痛,当院のヘバーデン結節の治療事例と症状,症状,肩こり,脊柱管狭窄症,腰痛,膝痛

ダイヤ工業(0120-011-245)にbonboneキューブという商品があります。以前はレクトレキューブという商品名で売られていまして定価が一万円近くしていました。この商品がbonboneキューブという主商品名で4500円(税抜き)で今では売られています。

低反発のマットですがこれがすぐれものでこの上を歩く、または片足立ち、ジャンプなどを取り交ぜて10分間くらいおこなうと様々な症状が改善するのです。低反発で安定しないのでいろいろな筋肉を使わないとうまく歩けません。いろいろな筋肉を使うと硬かった足の筋肉が緩み、体全体のゆがみが整ってきます。

体のゆがみの原因が足にある人はほとんどの人は足が固くなっています。それがほどけますと様々な症状が治まってくるのです。へバーデン結節、緑内障、むくみ、生殖器疾患(生理痛、子宮筋腫、内膜症、卵巣嚢腫など)腰痛、膝痛、視力回復、頭痛、肩こりその他足のゆがみが原因で症状が出ているものすべてです。10分この上で遊んでいるだけで健康を維持、回復できるアイテムです。均整体操と併用すると尚効果的です。ぜひ一度お試しください。最近では当院の患者さんすべてにお勧めしています。

キューブ.JPG

膝痛

2017.02.14 症状,膝痛

年を取るとともに、膝が痛む人が増えていますがその原因の多くはしゃがむ動作をしないからであります。和式トイレの時代には毎日数回しゃがむ動作を皆さんしていましたが、それが洋式となり下まで深くしゃがむことが少なくなりました。そうしますと膝周辺の筋膜に緊張が来ます。それがもととなり変形性膝関節症、軟骨のすり減りなどが起こるのです。

ではどうすればいいのか?予防するにはかかとを上げて下まで深くしゃがむことを行えばいいのです。これだけで予防になります。

もうすでに痛みが出ている人は、膝周辺の筋膜の緊張をとる必要があります。均整体操で体全体のゆがみをまず先に取り除きます。その後足の指を横からつまんでよくもみます。次に足の甲の筋膜の緊張を横からはじくようにして取り除きます。最後に立った姿勢で膝裏の筋膜を横からほどきます。

あとはゴルフボールで膝全体をコロコロして膝周辺の院幕を解きますと膝の痛みは止まります。お試しください。

これでよくならない人は食べ物から行わなくてはなりません。腎臓のストレスが原因となっているからです。アルコール、たばこ、コーヒー、緑茶、紅茶、ハーブティー、甘いものを一定期間やめて水を飲んでください。そうすれば次第に改善する可能性があります。

へバーデン結節 体全体のゆがみを取り除きます。

2017.02.10 ホルミシスルーム,当院のヘバーデン結節の治療事例と症状,症状

数日前から、指の第一関節が腫れへバーデン結節の症状が発現した患者さんが来院しました。過去に扁桃腺肥大手術、子宮筋腫の摘出手術の経験もある方でした。

へバーデン結節はいつも言っていますように骨の病気ですから東洋医学では腎臓のストレスが原因となります。腎臓がストレスを起こしますと他にも脳脊髄、頭、歯、膀胱、耳鼻咽喉、生殖器、関節、血液に症状が現れます。

当然扁桃腺、子宮筋腫にもなります。この患者さんはもともと腎臓にストレスがありその病態が今度は手の指に出てきたと判断したほうがよさそうです。

早速カウンセリングです。栄養、ストレス、体のゆがみがすべての病気の根本原因ですのでそれを調べていきました。

その結果食べ物ではアルコールを飲みすぎているようなので、2週間これをやめてもらうことにしました。ストレスもあるようですので家でESR(おでこの手を当てて左右の脳のエネルギーバランスととる法。)を行うように指導しました。

最後に体のゆがみです。この方は後ろにそることができない。右にねじりにくい。高いったゆがみがありました。

均整体操をしてもらい。体全体のゆがみを取り除きました。この段階で指の痛みはなくなっていました。その後均整法で細部のゆがみを正し施術終了です。その後ホルミシスルームに入っていただきました。

家では均整体操、指定しましたサプリメントの摂取、bonboneキューブを利用したエキソサイズをしてもらうことにしました。遠くからの来院でしたので月に1回来院してもらうことにしました。

尿漏れ、尿失禁

2017.02.07 尿漏れ、尿失禁,症状

昔は、高齢者に多かった尿漏れ、尿失禁が最近若い人にも増えているようです。そのために尿漏れパットなる商品も出てきている次第であります。

尿漏れ、尿失禁はなぜ起こってしまうのかといいますと、一言で言うと骨盤周辺の括約筋の筋力低下であります。そのために膀胱括約筋の収縮力が弱くなり漏れてしまうという結果になります。

それを改善するには、よく骨盤周辺の括約筋を鍛えるということが言われています。肛門を締めたり尿道を意識的に締めるなどを行います。もちろんこの方法も一定の効果は期待できると思います。

しかし、考えてみてください。もともと締まっていたものがなぜ締まらなくなったのか?、なぜ衰えてきたのか。骨盤周辺の括約筋の筋力低下というものは言い換えますと、骨盤周辺の筋膜の緊張なのであります。骨盤周辺が硬くなっているのであります。なぜならば現代人は、体の使い方が単調になっているため、また毎日同じ体の使い方をしてるために体がゆがみ(硬くなり)、そのしわ寄せが骨盤周辺の括約筋を硬くし、そのために尿漏れ、尿失禁が起こっているのです。体のしわ寄せが肩に来たら肩こり、腰に来たら腰痛、内臓に来たら内臓病といった具合になるというのはもうお分かりだと思います。

それでは尿漏れ、尿失禁を改善するにはどうすればいいか?

体全体のゆがみを整えればいいのです。体全体のゆがみを取り除いたうえで、骨盤周囲の筋膜の緊張を施術により取り除けば症状は改善します。体全体のゆがみを自分でとるには均整体操がおすすめです。

四十肩、五十肩

2017.02.03 四十肩・五十肩,症状

先日、五十肩の男性患者さんが来院、右手が上がらなく夜も眠れないとのことで来院。とりあえず肩を楽にしてほしいということで30分コースで行いました。簡単な説明を行い施術開始です。

四十肩、五十肩は肩だけの問題ではなく体全体のゆがみを正すのが早く改善するポイントになります。均整体操ををしてもらい体全体のゆがみをある程度取りました。この段階でもう肩は上がり始めていました。その後施術に移りました。肩を操作するのではなく肩を引っ張っているポイントをほどくようなことを行います。この方は鳩尾(のぞおち)肩甲骨下、太ももでした。それらを解き、ますと肩を触らなくとも肩回りの動きがよくなります。逆に肩だけをいじくりますと余計に痛くなります。

四十肩、五十肩の場合、何もしなくとも半年から2年ほどでよくなりますが、早く改善する方法は上記の方法になります。その場で相当楽になります。

施術が終わると相当楽になりました。家ではかかとを挙げてしゃがむことと、ニワトリ歩き(足首をもって歩く動作)を一日2回行うように指導して終了です。喜んでお帰りになりました。

へバーデン結節 施術後すっきりとした様子でお帰りになれます。

2017.02.02 当院のヘバーデン結節の治療事例と症状,症状

先日3年ぶりに、ヘバーデン結節の患者さんが来院されました。この3年間は均整体操をして指の痛み、腫れなどは治まっていましたが、食べ物などの不摂生、体操をさぼっていたことなどで肩が凝ったり、指の調子も思わしくなく来院となりました。

食べ物、アルコール、たばこ、コーヒー、紅茶、緑茶、甘いものを控えてもらい、引き続き均整体操を家で行ってもらい、月に一度来院してもらうことにしました。日にちがたつとつい、食べ物が乱れたり、自分での体の手入れが、行き届かなくなります、こちらでの施術は車検のようなものですので定期的の点検するのが長持ちの秘訣ということをお話ししました。

施術が終わるとすっきりして様子でお帰りになりました。

↑PageTop

お電話03-5370-6780)又はインターネットからご予約頂けます。


三起均整院 - 整体・均整

東京都杉並区久我山4-2-4 久我山センタービル B-201
TEL 03-5370-6780/050-1479-1135
受付時間 9:00~19:00 完全予約制 (休診:日・水・祝)

腰痛肩こり坐骨神経痛膝痛四十肩・五十肩リウマチヘバーデン結節モートン病小顔うつ病...


最新記事

カテゴリー

月別