月別: 2017年12月

緑内障

2017.12.30 症状,緑内障・ぶどう膜炎

40代前半の女性患者さん来院。正常眼圧で7年前から緑内障の診断を受けたとのこと。目の疲れがひどく、体全体もだるくなり何とかしなけれがいけないと思い当院のウェブサイトを見ての来院。

カウンセリングで甘いものが異常に好きなことと、コーヒーもセットでよく飲むということで、まずこれをやめなければ改善しないことを説明、まず、2週間ほど甘いもの、コーヒーをやめて水をよく飲むことを行ってもらいます。これができるかどうかでほとんど今後の状態が決まってきます。

今のところストレスはひどくないようですので、あとは体の歪みです。体の動きを検査しましたところほとんどの動きに制限がありました。すなわちか体が異常に硬いということです。逆に言いますとこれが改善しますと体の状態は非常に良くなり、目の状態もよくなるということです。

早速、均整体操を行ってもらいました。すると少し体が柔らかくなってきました。もともと運動はほとんど行った経験がありませんでしたので、少し動いただけで辛そうでした。均整体操には椅子バージョンもありますのでそれもお教えいたしました。いくつかの均整体操を終えますと体が楽になり柔軟性も出てきました。その後均整法で体全体の施術を行いました。目の施術も行いましたところ、来た時から目があまり開いていなかったので、開いた状態になり視野が明るくなりました。(当院は車検場みたいのところで体の隅々をチェックすることによりゆがみを整え血液・リンパの流れを正常に保ち健康維持・回復へと導いております。)

家では甘いもの、コーヒをやめてもらい均整体操を毎日行ってもらうように指導いたしました。これを行うと必ずいい結果が出ると勇気づけて施術終了です。

緑内障、近視、目の病気

2017.12.21 症状,緑内障・ぶどう膜炎

緑内障、近視などの目の疾患は目の周りの筋膜の緊張などで目の中の血液・リンパの環が悪くなりそれがもとで起こるとされています。したがって普通はそれをよくするために眼筋・目そのもの、顔面の筋膜・頭の筋膜などにアプローチを行います。

ところが当院ではそのほかの部分にも施術を行います。目の疾患の人の多くはこめかみの筋膜に緊張を起こしています。普通は直接その部位を施術いたしますが、なぜこめかみが緊張をするのかその原因を突き止めることをふつうはしません。ところがその原因がわからないとなかなか改善には結びつきません。

なぜこめかみが緊張するのかは傾斜圧の問題であります。人は立っているだけでその人の体型によって緊張している部分が何か所かあります。それらが引っ張りあうとやりにくい動作が出てきます。やりにくい動作が一つでもあるとその人の体は歪んでいるのです。そのしわ寄せがこめかみに強く出ている人が緑内障などの目の疾患になってしまうのです。特になりやすい人は足のすね、三角筋が緊張を起こしている人です。その部分の調整を先に行うと目の循環は驚くほどよくなり改善へと導いてくれます。普通の人はこの理論を知らないので多くの人に知ってもらいたいです。

へバーデン結節は腎臓のストレスが原因

2017.12.19 当院のヘバーデン結節の治療事例と症状,症状

へバーデン結節は腎臓のストレスが原因であると東洋医学では言われています。腎臓のストレスといいますとよく患者さんに血液検査では腎臓の数値は悪くないので腎臓に障害はないのではないかといわれます。

ところが関節の症状がなかなかよくならない人、複数の関節に異常がある人は3000年まえから東洋医学では腎臓のストレスと決まっているのです。血液検査でななくとも症状が出ていたらアウトなのです。他の症状としましては脳・脊髄、髪の毛、骨・歯、膀胱、耳鼻咽喉(耳が聞こえにくい、鼻の調子がいつも悪い、喉の調子もよくない)生殖器(生理痛、卵巣嚢腫、子宮筋腫、子宮内膜症など)泌尿器などにもでます。上記の症状がある人も腎臓のストレスが原因となっているのです。

腎臓のストレスは食べ物、ストレス、体の歪みが原因となっていますのでこれを正せば上記症状の改善もできるということです。食べ物ではアルコール、たばこ、コーヒー、紅茶、緑茶の濃いもの、甘いものをやめて水をよく飲むことがポイントになります。

そして体の歪みを正すことを行えば早く症状を改善することができます。

モートン病 左足裏に痛みを感じる女性患者さん来院

2017.12.17 当院のモートン病の治療事例と症状,症状

左足裏に痛みを感じる女性患者さん来院。8年位前から痛みが出始め中敷きをひいて痛みをしのいできましたが長時間歩いたり、フローリングなど硬いところを歩くと痛みが出始めたのでインターネットで探し当院に来院。

1時間コースを選ばれましたので簡単なカウンセリングを行い、ストレス、体の歪みに原因があることがわかりましたのでその対策を教え、均整法による施術を行いました。

この患者さんの体型は太もも、脛に重心が来るタイプで、後ろにそることができないタイプでした。後ろ反ることができるようになれば体の歪みがとれ今の症状が楽になります。すなわち太もも、脛の緊張後取れればそれができるようになります。

均整法を行い体型を整えましたら後ろにそることができるようになり体全体がらくになり足も当然楽になり喜んでお帰りになりました。月に1~2回の調整で健康維持、回復ができるのが均整法です。

コウノドリ 不育症

2017.12.09 生活

コウノドリ、ドクターXなど医療系ドラマをいつも楽しみに見ていますが。昨日は不育症についてでした。85パーセントは原因がわからないということでした。

原因は必ずあると思います。病気の種類は五万とありますがその根本原因は栄養、ストレス、体のゆがみの3つにあると思います。よく病気の三大原因として食べすぎ、ストレス、運動不足が挙げられますが詳しく言うと上記の者になります。

栄養でいいますとアルコール、たばこ、コーヒー、紅茶、緑茶の濃いもの、甘いもの(果物含む)これらのものは腎臓にストレスを与えますので婦人科疾患をお持ちの方は避けたほうがいいでしょう。そして水をよく飲むことをお勧めします。色のついていない水は腎臓に刺激を与えないので体に優しいのです。

ストレスこれも非常に大きな要素になりますので気持ちを楽に持つ工夫が必要となります。

体の歪み、これはほとんどの方は知りません。見た目の歪みだけではなく前後、左右、回旋動作で一つでもやりにくい動作があればからだは歪んでいるのです。体がゆがむと血液、リンパの流れが悪くなり様々な症状が現れてしまいます。その一つが不育症ではないのでしょうか。とくに婦人科疾患をお持ちの患者さんのゆがみを調べてみますと太ももの緊張が異常に強い方がほとんどです。この部位が緊張を起こしますと腰が固くなり骨盤内臓器の働きが悪くなります。症状の出方は人によって違います。腰痛、股関節痛、膝痛、頭痛、生理痛、卵巣嚢腫、不育症などであります。

解消法としましては太ももの緊張がとれればいいわけですが、体全体のゆがみが整いますとこの部分の緊張が取れます。お勧めはまずは均整体操をしてください。均整関節体操、均整筋肉体操基礎編をまず行ってください。妊娠中の人は椅子バージョンがお勧めです。また、横向きに寝て足の内側を軽く踏んでもらうか手で押してもらうとさらに効果的です。やってくれる人がいれば軽く行ってもらうのもいいでしょう。

へバーデン結節

2017.12.05 症状

へバーデン結節の50代後半の女性患者さんが来院。8年前から発症していましたがどこに行ってもよくならないので地方から来院。

カウンセリングでコーヒー、甘いものだ好きということで、たぶんこれが大きく関係していることを告げとりあえず2週間やめてもらい水を飲むことを行ってもらうようにしました。

へバーデン結節にかかわらず慢性症状をお持ちの方はアルコール、たばこ、コーヒー、紅茶、緑茶の濃いもの、甘いもの(果物含む)を一定期間やめれるかどうかがポイントになります。それだけ体に影響が大きいということです。当院に来院される7割の方はこれが原因であります。

あとはストレスと体の歪みを整えれば体は回復方向に向いてまいります。

体の歪みは均整体操、均整法でととのえました。体の歪みは見た目の歪みだけではなく、前後、左右、回旋動作がすべてできる状態でないと歪んでいることになります。これがすべてできる状態のとき体は歪んでいません。

それができるのが均整体操、均整法で在ります。均整体操で全体のゆがみをとり均整法で細部のゆがみを正しますと、血液リンパの流れが正常となり病気の快復、健康維持ができるようになります。

へバーデン結節をお持ちの50代女性患者さんが来院

2017.12.02 当院のヘバーデン結節の治療事例と症状,症状

へバーデン結節をお持ちの50代女性患者さんが来院。8年前からかかっており病院では治らないといわれておりあきらめていましたが最近痛みが出てきたのでネットで探して来院されました。

カウンセリングをしますとコーヒー、甘いもの、アルコールなど関節の症状が出ている人が食べたり、飲んだりしてはダメなものを食していましたのでその理由を説明して一定期間やめてもらうことにしました。

体の歪みですが全体的には体が固く後ろにそるのと右にねじるのが制限がありました。

均整体操で全体のゆがみを整え、細部の調整を均整法で行いますとヨガの先生並みの体の柔軟性が出てきました。同時に指のむくみもなくなりスムーズに手が握れるようになりました。水をよく飲み、家では均整体操その他を行ってもらい月に一度来てもらうことにしました。

へバーデン結節の方で当院に来院できない方はこちらをどうぞ

↑PageTop

お電話03-5370-6780)又はインターネットからご予約頂けます。


三起均整院 - 整体・均整

東京都杉並区久我山4-2-4 久我山センタービル B-201
TEL 03-5370-6780/050-1479-1135
受付時間 9:00~19:00 完全予約制 (休診:日・水・祝)

腰痛肩こり坐骨神経痛膝痛四十肩・五十肩リウマチヘバーデン結節モートン病小顔うつ病...


最新記事

カテゴリー

月別