月別: 2016年8月

へバーデン結節 原因は腎臓のストレスです。

2016.08.29 当院のヘバーデン結節の治療事例と症状,症状

当院では毎日多くのへバーデン結節の患者さんが来院されたいますが。その原因は腎臓のストレスです。詳しくは病気の原因を見てほしいのですが、今回はその中でも腸の重要性についてお話いたします。

慢性病、アレルギー、便秘、全身倦怠、慢性的な痛みなどは腸の絨毛が規則的に並んでいないために起こるとされています。隙間が空いた状態になっているのです。これをリーキーガット症候群といいます。要は腸に隙間ができ未消化の食物が直接血液の中に入りそれが毒素としてとらえられ上記の症状を起こしているのです。

それを改善するにはまず腸内細菌がいないといけません。何でとるか?つけもの、みそ汁などの発酵食品です。取れない人はプロバイオティクスなどの健康食品でとります。つぎにこの菌の餌が必要です。餌は食物繊維とオリゴ糖です。根菜と胚芽、海藻と野菜であります。こうすると菌が育ちます。これで調子が良くなる、というのが定説であります。ところが実際にはこれだけではよくなりません。腸内細菌をとったときはよくなりますが、とらないとまた調子が悪くなります。なぜなら元の原因である腸の循環が改善されていないからであります。濁った池には菌は育ちません。腸の循環を改善するのが実は体のゆがみをとることであります。このことはほとんどの人は知りません。

ですから菌を入れて、それを育てる根菜、海藻、胚芽、野菜を食べて、ゆがみをとることはあらゆる病気をよくする根本なのです。

ヘバーデン結節 病気を治す最大の近道とは?

2016.08.03 当院のヘバーデン結節の治療事例と症状,症状

指に変形がなくともヘバーデン結節と診断される人もいます。また、指だけではなく手全体が腫れて硬くなったり、それが高じて肘肩膝など各関節に波及していく病気の方も来院されます。東洋医学では関節の異常は腎臓のストレスと考えられています。その他にも腎臓のストレスは脳、脊髄、頭、髪の毛、歯、骨、膀胱、生殖器、耳鼻咽喉、生殖器、体液などに異常をきたします。これらに異常が出ている人は、腎臓にストレスを与える事を行っています。それを辞める事が病気を治す最大の近道であります。

腎臓にストレスを与えるものは栄養、ストレス、体の歪みであります。最近多いのは栄養とくに食べ物で腎臓にストレスを与える人が多いです。アルコール、タバコ、コーヒー、紅茶、緑茶、ハーブティー、甘いもの(果物含む)これらを常時取っていますと関節の異常ならびに上記にかかげた臓器に症状が出てくるのです。

まずは症状が出ている人は上に掲げた物をとるのをやめて水を飲むことです。それだけで半分の方は症状が半減します。

後はストレスをとり、体の歪みを正しますとよくならないといわれているものでもよくなるものです。詳しくはこちらを。なお当院では玉川温泉と同じ環境のホルミシスルームを併設しておりますので細胞活性化がより促進されいい結果を残しております。

↑PageTop

お電話03-5370-6780)又はインターネットからご予約頂けます。


三起均整院 - 整体・均整

東京都杉並区久我山4-2-4 久我山センタービル B-201
TEL 03-5370-6780/050-1479-1135
受付時間 9:00~19:00 完全予約制 (休診:日・水・祝)

腰痛肩こり坐骨神経痛膝痛四十肩・五十肩リウマチヘバーデン結節モートン病小顔うつ病...


最新記事

カテゴリー

月別