月別: 2011年5月

テニスの日

2011.05.31 生活

3年ほど前からテニスのスクールに通っています。運動不足を解消するためです。均整の仕事は運動しているようで、ベットの周りを動いているだけですのでたまに出かけると疲れを感じてしまい帰ってくると寝てしまうので妻が行くように勧めてくれました。自宅近くにちょうどテニススクール(MTS三鷹)が新規オープンした時に入ったわけです。今日がその日です。夜の9:20から10:50までです。はじめはスクールから帰ってくる放心状態で疲れ切っていましたが3年ほどたちやっとリズムがつかめてきました。このスクールは現日本代表コーチの増田健太郎さんが主宰するスクールでコーチのレベルが高いです。インドアコートで全天候型です。興味のある人は体験レッスンをしてみてはどうですか常時やっていると思います。

湿気について

2011.05.30 当院のヘバーデン結節の治療事例と症状,症状

今日は台風がきて、湿度が高い。こんな日は体調が悪い人が多いですかとの質問。湿度が高いとリウマチ系の人はつらい。ヘバーデンの人も指が痛みを増すようです。また、気圧の変化もよくありません。

均整体操で調整しましょう

障害者

2011.05.29 症状,障害者

17年ほど前から知的障害者の施術を療育訓練の先生方と組んで月に一回行っている。現在は練馬のたまも塾でそれを行っています。今日はその日でした。最初の1時間は療育訓練の先生に運動療法を行ってもらい(均整体操を含んだ体操を行ってもらっています。)その後均整法で体のゆがみを整えています。ここでは彼らを特別扱いせずに健常者同様に扱っています。最初は戸惑っていた彼らも今では均整法を受けると静かになり眠ってしまいます。体が楽になるのがわかるのです。そういった関係で私の治療院にも多くのAutism知的障害者が施術を受けに来ています。最初は戸惑う方もいますがなれるとベットに寝ると静かになり気持ちよくなり眠ってしまいます。彼らの多くは頭の緊張がついよいのでその緊張と取り除く施術を行います。そうするとリラックスできるのです。

障害者1.jpg最初に必ず挨拶をします。

障害者2.jpg均整筋肉体操を行っているところ

障害者3.jpg均整筋肉体操を行っている

障害者10.jpg運動療法が終わると均整法を受けます。気持ちがいいので皆静かに受けている。

障害者11.jpg障害者の両親も均整法を受けています。  

 

 

 

 

 

                                         

股関節痛

2011.05.26 症状,股関節痛

20年も前から股関節痛で苦しんでいた方が来られました。病院では先天的に股関節を受ける部分が薄くなっているとの診断を受け手術を勧められているとのこと、インターネットで探し一番信用できそうなのでここに決めたとのことです。光栄です。まず、体全体のゆがみを正すことによってすべての症状が良くなることをお話しました。ちょうどご主人も来られていたので一緒に均整体操を行うことにしました。ご主人は相当体が硬かったのでこれはまずいですよとお話しましたら、無呼吸症とのこと。一緒に体操を行いましたところ、まずご主人体が柔らかくなりました。顔が赤かったのがなくなりました。楽になったと喜んでいました。さて、股関節痛の奥さん均整体操で少し楽になりましたがまだ完全ではありません。均整術を行いました。胸郭が異常に固くなっています。狭心症もあるとのこと。膝周りの屈筋がかなり硬かったのでこれをとると股関節が簡単に開くようになりました。これには本人もびっくり。20年も痛みを抱えていたのが1回でかなり良くなってしまいました。信じられないと言う様子でした。今度はご主人も一緒に均整術を受けに来るとのことです。体全体を見るとこのように早く良くなります。均整法は症状を見ないで、体型を見ていきます。ですからどんな方でも適応になります。

杉並区産業会館での講演会がきまりました。

2011.05.24 勉強会

12月10日午後から阿佐ヶ谷にあります。杉並区産業会館で講演会を行うことに決まりました。題目は「体のゆがみと健康について」です。均整体操養成講座の卒業生の口利きで行うことになりました。体の歪みを正すことにより健康の維持回復が行われるそのシステムと、自分で行える方法均整体操をレクチャーしたいと思っています。日にちが近づきましたら又報告させていただきます。

体操教室

2011.05.23 体操教室

今日は体操教室の日でした。昼の1:00~2:00まで治療院近くの向かい野ホールをかりで月2回行っています。第二火曜日と第四月曜日です。参加費1000円です。自分での動作分析の観察を終え、今日は均整関節体操の座位バージョンから入りました、そのご座位での均整筋肉体操、そのご均整関節体操のバットバージョンに入り側位での足上げにはいっていきました。途中何度か確認をいれ、鶏歩きを行いました。これは自分の足首を手で持って歩く方法です。そのまま前に進む方法、横に進む方法を行いました。胸郭が開きます。その後四つんばいで歩きます。これもかにのように横に歩くと胸郭が開きます。最後にお腹を上に向けての四つんばい歩き、これも横に歩くと胸郭が開きます。体操をおえて息を吸うとかなり深く入るようになりました。少しつらいですが。

勉強会

2011.05.22 勉強会

昨日勉強会がありました。福岡でこの夏に開業する後輩に徹底指導です。昨年から始めあと残すところ2か月を切り最終段階に入っています。手技で一番大切なことは観察です。次に大事なのは設計、確認、と続き最後にくるのが調整なのです。よく技ばかりを追い求める人が多いのですがこれはいけません。あくまでも体全体を観ることが重要です。小指をけがしただけでも全身が歪みます。常に全身を意識して施術するのが極意になります。

ヘバーデン結節。内臓ストレスが原因の夫婦

2011.05.22 当院のヘバーデン結節の治療事例と症状,症状

今日は2人ヘバーデン結節の新患の方が来られました。男性と女性でした二人とも胸郭が硬く中に入っている内臓がストレスを受けていました。腎臓がストレスを受けると骨の変形、耳の病気、髪の毛、関節などに病気が現れます。骨に症状が現れたのがヘバーデン結節なのです。ですから治すには胸郭が柔らかくなって腎臓のストレスをとらなければなりません。そのためには体全体のゆがみを正すことを行います。最初に均整体操(均整関節体操・均整筋肉体操)の指導をして体全体のゆがみがある程度取れるのを実感してもらい、これを毎日自宅で行うように指導しました。そのご均整法の施術を行い細部の調整を行いました。指の硬いのが柔らかくなりました。均整体操を指導することにより慢性疾患でも短期間で改善することができるようになりました。また、しっかり均整体操をする人は月に1~2回施術を受けにくるだけで十分ゆがみをとることができるようになりましたので患者負担も少なくなりました。一人で体操をしているとさぼりがちになりますので月に1~2回施術にくることを進めています。たまには活を入れることによりまたやろうという気になります。

内臓病にも均整法

2011.05.20 狭心症,症状

4年ぶりに患者さんが来られました。前に来られた時は腰痛が主訴でしたが今回は胸のつかえ、胸の痛みでした。整体と言いますと普通腰痛、肩こりの人が行くもんだと思われがちです。彼女もそうい思い針きゅう院に通い始めたそうです。ところが久しぶりに当院のホームページをみたら内臓病にもいいようなことがわかり問い合わせの連絡が来ました。そして今日の来院となったわけです。胸の痛み、狭心症などの疾患は胸郭が硬くなり中に入っている心臓がストレスを受けて症状が出ます。体全体のゆがみをととのえて胸郭に弾力を与えれば心臓のストレスは取れます。まず、均整体操をしてもらい体が楽になるのを感じてもらいました。息を吸ってもらうと楽に息が入るようになりました。その後均整法の施術を行い残ったゆがみを取り除きました。見違えるほど体の柔軟性がでて全体が楽になりました。均整体操を教えて家で体のゆがみを整え、月に2回ほど治療に来てもらうようにプログラムを組みました。

このように内臓病にも有効なのは体全体を観ることと、東洋医学の経絡などを使う東洋医学的手技療法だからです。針きゅうの代わりに手で刺激を与えるのです。均整法は症状にとらわれませんので多くの方に適応いたします。難病とよばれている疾患にも時として有効になります。一度ご相談ください。

ヘバーデン結節-体操により治療が可能です

2011.05.19 当院のヘバーデン結節の治療事例と症状,症状

震災後久しぶりにヘバーデン結節の患者さんが来ました。震災の影響でか、自宅での体操がサボりがちとのこと手も痛く、肩もこって調子が今ひとつとのことでした。観察をしますと背中がバリバリ、胸郭の動きも余りありませんでした。当然腎臓のストレスたまっています。痛くなるわけです。体全体の体型を整え体の動きがスムーズになると指の痛みもスッキリ、肩のつらいのも取れました。家に帰ると一人で体操をするのもつい忘れがちになりますが、やれば必ず効果が出ます。くじけそうになりましたら施術を受けに来てください。活を入れます。よろしく。

↑PageTop

お電話03-5370-6780)又はインターネットからご予約頂けます。


三起均整院 - 整体・均整

東京都杉並区久我山4-2-4 久我山センタービル B-201
TEL 03-5370-6780/050-1479-1135
受付時間 9:00~19:00 完全予約制 (休診:日・水・祝)

腰痛肩こり坐骨神経痛膝痛四十肩・五十肩リウマチヘバーデン結節モートン病小顔うつ病...


最新記事

カテゴリー

月別