股関節痛

当院には股関節痛の患者さんも多く来ます。先天的に股関節のつき方が浅いために歳をとってから痛みを感じると、病院でいわれている人がここのところ多く来ます。ところが、真の原因はそうではないのです。考えてみてください。生れてから60歳くらいまでまったく痛みがなかったのに、痛みが出て病院で調べてみたら生まれつき股関節のつき方が浅い、手術をしましょうではおかしいでしょう。股関節のつき方が浅い人は五万といます。痛みの出ない人も五万といます。股関節の痛いのは着き方が浅いだけの問題ではないのです。むしろ着き方が浅いから痛いのではなく、体全体が歪んできているから痛みが出たのです。体全体の歪みのしわ寄せが股関節にきただけなのです。多いのが大腿二頭筋の緊張があります。その緊張を取り除きますと痛みは止まります。体全体の歪みを正し、大腿二頭筋の緊張をとると痛みは和らぎます。