50歳代ヘバーデン結節の女性患者さん二人が来院。

昨日ヘバーデン結節の新患が二人来院しました。ともに50歳代前半の女性でした。そのうちの一人は50肩ももっていました。

共にwebサイトを見ての来院です。当院ではヘバーデン結節などの慢性症状に対応するために家でできることを教えながら施術を行っております。

最初にカウンセリングを行い病気の原因動画)を見定めております。栄養、ストレス、体の歪みを正しますと慢性症状といえども改善に向かっていきます。

二人の患者さんはコーヒー、アルコール、甘いものなどの食べ物についてはHPを見て気を付けていました。体の歪みを見てみますとひとりは全ての動作に制限があり、もう一人は右にねじるのが出来ませんでした。

これを改善するために、均整体操を行いました。体の歪みはいつも同じ動作を繰り返すことにより起こります。それを改善するためには、いつも行わない動作をすればいいのです。それをまとめ上げたのが均整体操です。

均整体操を行いますとやりにくい動作がやりやすくなります。50肩をお持ちの方も楽に肩ががるようになりました。

最後に均整法で細部の調整を行いました。指の曲がりが楽になり。指先の赤みも取れました。家では均整体操を行ってもらい一か月後に来院してもらうことにしました。