ヘバーデン結節の原因の一つに体の歪み

ヘバーデン結節の原因の一つに体の歪みがあります。最近のヘバーデン結節の体の歪みの特徴としましては下半身、特に太ももの緊張が影響しておりそれが腰部の緊張を起こし腎臓にストレスを与えております。腎臓にストレスがかかりますと東洋医学では関節に症状が現れます。

体の歪みからの腎臓のストレス(他には食べ物、ストレスからも起きます。詳しくはこちらを動画はこちらから。)をとるには均整筋肉体操基礎編が有効ですが、寝ながら行える簡単なエキソサイズをご紹介します。これは均整筋肉体操基礎編の変形です。

うつぶせに寝ます。片足を床から上げます。この時膝は曲がっても構いません。そして息を吸ったり吐いたりしてください。5~6回。もう片方も同じように行います。2セット行ってください。足は決してピンと伸ばさないでください。床から上げて、足の重さを利用して下半身にストレッチかけて腰部の緊張をとるのが目的ですので。朝夕2回行ってください。指を触っていなのに指が楽になります。それは太ももの緊張が、指を引っ張り指の緊張を起こしているからです。やってみてください。