サプリメントだけ飲んでも効果が表れない人、整体にいっても改善しない方のための実践法

昨日もへバーデン結節の患者さんが来院いたしました。

少し前までは半信半疑で来院される方が多かったのですが、最近はHPを熟読して確信をもって来院される方が増えています。
本当によくするためにはその原因を把握することが肝心なところであります。
へバーデン結節の原因は何なのか?
食べ物、ストレス、体の歪みであります
これらが原因で体の内部環境が悪くなりその結果指の第一関節に病変が表れたのもがこの病気です。もし指に現れ無ければほかの病気になったのかもしれません。この病気を甘く考えてはだめであります。
これらのどれが欠けても完全にはよくなりません。
この病気は指の病気ではありません。骨の病気になります。
1食べ物では、アルコール、たばこ、コーヒー、紅茶。緑茶、甘いものこれらをさけます。
腸内細菌の状態をよくします。足りないビタミン、ミネラルを補給して水をよく飲みます。
2ストレスをとることを行います。カウンセリング、ESRなどを行います。
3体の歪みを均整体操均整マニュアルセラピーでとります。ポイントは重心のかかったポイントの筋膜をすべてリリースすることです。そうしますと体全体の動きがスムーズになります。そうなると水分の出入りが自由になり、毒素の排出、神経伝達なども正常となりデトックス、アンチエイジングを自然と行うことができます。
そうなりますと痛みがまず取れてきます。その後結節に変化が起きることが期待できます。
当然ほかの症状も改善して健康で長寿という道筋ができてまいります。
上記3つのことを同時に行うことがポイントになります。サプリメントだけ飲んでも効果が表れない人、整体にいっても改善しない方、上記のことを実践してみてください。わからないことがあればご相談ください。