東洋医学ではへバーデン結節の原因ははっきりしています

相変わらずヘバーデン結節の患者さんが毎日来院されますが、東洋医学では原因が腎臓であるとはっきりしています。腎臓にかかるストレスを緩和すれば必ず改善いたします。腎臓にストレスをかけることは早く良くしたいのならすべてやめなければなりません。甘いもの、コーヒー、アルコールこれらをやめることが近道です。締め付ける下着、マシーントレーニング(筋が硬くなります)これらをやめて体のゆがみを正せば必ず良くなるものであります。均整体操(均整関節体操・均整筋肉体操基礎編)と均整術で解決できます。よく、親がなっているから遺伝するのではないかと思いがちですが私は病気が遺伝するのではなく、体型が遺伝しますのでその結果同じ病気になりやすいと考えます。やることをやれば防ぐことができます。体型的には後ろにそれない方がヘバーデン結節になります。後ろにそれるようになればよくなるのです。ポイントは膝周辺の緊張をとることです。一番簡単な方法はスクワットをすることです。踵を上げて下までしゃがむことを行う一日のうち何回かします。これだけでも腎臓のストレスは取れます。お試しください。