ヘバーデン結節、やってはいけないこと

今日もヘバーデン結節の施術を受けに多くの方が来られました。その中の一人に1~2回の施術でかなり良くなった人がおられましたが、失敗談を話してくれました。ヘバーデン結節な患者さんが行ってはいけないことがいくつかあります。甘いものを食べること、しめつける下着をつけること、ウェイトトレーニング(靭帯が硬くなるので)、アルコールの取りすぎ。これらを行っていると治りが遅くなります。

上記の方はこの中の日の一つ、甘いものを食べるを行ってしまいました。結婚式の引き出物、その他もらい物が続き毎日朝10時、昼3時にこれらを取り続けました。10日後に痛みが再発してしまいました。

この方からぜひこのことをブログで書いてほしいといわれました。同じ過ちを他の人に犯してほしくないからです。ヘバーデン結節で治りの悪い方はもう一度こういったことをしていないか見直してください。どこかに原因があり、それを取り除きさえすれば必ずよくなります。上記の方はその後痛みは治まり今後は甘いものは当分控えるということです。

ヘバーデン結節は全身病ですので良くなるにはそれなりの覚悟が必要です。気を引き締めて毎日の生活をもう一度見つめなおしてください。