プシャール結節、ヘバーデン結節

最近はヘバーデン結節だけではなくプシャール結節で来院する患者さんも増えてきました。ヘバーデン結節は手の指、第一関節に病変がみられる疾患で、プシャール結節は第二関節に病変が見られる疾患です。どちらも指が腫れ、関節が太くなり、痛み、つっぱり、違和感が感じられます。リウマチ反応はなく病院では老化が原因であるととらえ治療法がないのが現状のようです。ところが当院では均整法を主とした手技療法で改善できるのです。腎臓のストレスと、筋の緊張が原因として捉えれば解決できるのです。その場で楽になる方も多いのでびっくりされます。