特に多い患者様はヘバーデン結節と緑内障です

普通整体と言いますと腰痛、肩こりの患者さんが多いと思われがちですが当院ではさまざまな症状をお持ちの患者さんが来られます。特に多いのがヘバーデン結節と緑内障の患者さんです。これらの疾患は現代医学ではよくならないといわれているものですが当院の施術法を行いますとよくなってしまいます。考え方としましては体に症状をお持ちの方は必ず体が歪んでいます。ホースがねじれた状態だと思ってください。まっすぐですと水の流れはいいですが、ねじれると流れが悪くなるのです。これが体の中でも起こっているのです。体が歪むと血液、リンパの流れが悪くなり正常な体の働きが阻害されます。これが病気という形になります。ですからどんな病気の人でもまず体のゆがみを正すのが絶対条件になります。これを正して各部の操作をしますとものすごく速く病気がよくなるのです。どんな症状の方でも複数の症状が一度によくなり始めるのです。当院では体のゆがみが戻らないように均整体操の指導も行いより速い症状の回復を目指しています。

昨日もヘバーデン結節、緑内障の患者さんが多数お見えになりましたがその場で体が楽になるのを感じで喜ばれていました。ヘバーデン結節の患者さんはその場で指の痛みや曲げるのが楽になったのを感じ、緑内障の方は眼が明るくなったのを感じられました。この理論(均整法)が早く広まることを祈ります。