症状

春に起こる花粉症、自律神経失調、アレルギーの症状は前重心で起こる

2019.03.14 症状

春に起こる症状は肝臓が関係しています。

肝臓が興奮すると前に重心が来ます。

 

春に起こる症状はいろいろあります。花粉症、、自律神経失調症、頭痛、アレルギー、皮膚のかゆみなどがありますが、これらは肝臓の興奮によって起こります。

東洋医学では春は肝臓が働く季節に位置づけられています

春になると肝臓が活発に働き始めるのです。そうしますと肝臓は重いので前に重心がきてしまいます。

 

前に重心がきてしまいますと、体の中で緊張してしまう部分ができあがります。それはつま先、膝、股関節、みぞおち、大胸筋、前頭部、背中で言いますと頸椎4番、胸椎5番、腰椎1番、仙椎4番であります。

これらの部分の緊張をとる施術を行えば重心は中庸になります。そうしますと上記症状はすべて改善へと向かいます。

一般的な施術は患部へのアプローチを行いますが、均整法で体全体の歪みを整えることにより症状緩和へと導きます。

その中でも季節の調整法は重要となってきます。

ラインアットの登録はこちら、院長に予約・質問等ができ定期的な健康情報も受け取れます。是時登録してください

https://line.me/R/ti/p/%40geo6039o QRコードはこちらです。

↑PageTop

お電話03-5370-6780)又はインターネットからご予約頂けます。


三起均整院 - 整体・均整

東京都杉並区久我山4-2-4 久我山センタービル B-201
TEL 03-5370-6780/050-1479-1135
受付時間 9:00~19:00 完全予約制 (休診:日・水・祝)

腰痛肩こり坐骨神経痛膝痛四十肩・五十肩リウマチヘバーデン結節モートン病小顔うつ病...


最新記事

カテゴリー

月別