不妊症

先日テレビで不妊症についての番組がはいっていました。その原因の多くが加齢による卵子の機能低下であるそうです。最新の不妊治療は他人の若い卵子から核を取り出し、自分の核をその中に戻しその卵子に人工授精させそれを体内に戻すそうです。

ここで問題になるのは加齢による卵子の機能低下です。本当にそうなのでしょうか?当院には加齢によりそれが原因で体の調子を崩されて来院している方が多くいますが体のゆがみを正すと調子がよくなってしまいます。

不妊症の方も体のゆがみがその原因の大きな一因ではないでしょうか?

私の見解としましては体のゆがみ特に均整術でいうF2体型(後ろ重心)が原因で不妊症になっていると思われます。F2体型とは後ろ重心の体型です。女性は特にかかとのある靴をはきますので後ろに重心を置いて歩かないとかっこよく歩けません。この姿勢でいますと踵、膝、へそ下、胸部、後頭部に重心が来ます。つまりその周辺が硬くなります。女性で問題になりますのが、この体型でいますと太ももが硬くなるところです。太ももが硬くなると必ず腰が硬くなります。腰が硬くなりますと骨盤内臓器の機能が低下してきます。当然そこには子宮、卵巣も入っていますのでその機能が落ちてくるのです。それが老化というところにつながって来ると思います。昔は和式トイレで必ずしゃがんでいましたので自然と太もものストレッチをしていました。こうすることで腰を自然とほぐしていました。今はしゃがむことがなくなりましたので踵のある靴をはくほとんどの女性は腰が硬く骨盤内臓器の働きが悪くなっています。それが不妊症、生理痛、生理不順、子宮筋腫などの原因になっているのではないでしょうか?

均整術は体のゆがみを正すことにより自然治癒力を高め様々な症状を改善、健康維持へと導く療法です。不妊症の方もぜひ他の療法との併用で体のゆがみを正してみてはいかがですか?