自然治癒力(ホメオスターシス)

人は病気になると自然治癒力(ホメオスターシス)が働き治癒へと向かう機構が体の中にあります。この力が弱まるとなかなか良くならなくなり慢性症状へと移行してしまいます。日ごろ治療所で施術していますといろいろな患者さんが来られます。慢性症状の方も多く来られます。そういった方を観察しますと必ず体が歪んでいます。見た目のゆがみもありますが、前後、左右、回旋動作をしてもらいますと必ずやりにくい動作があります。この状態が続きますと、(ちょうどホースが曲がって水が出ない状態を想像してください)血液、リンパの流れがわるくなり正常な生態活動ができない状態になっています。これが自然治癒力(ホメオスターシス)が弱まっている状態です。これを解消してあげますと血液、リンパが正常に流れるようになり自然治癒力(ホメオスターシス)が高まり様々な症状が一度によくなり始めます。この療法が均整法です。現在米国でも広がろうとしているこの療法を健康維持、回復のために一度受けることをお勧めいたします。中高年になりますと必ず体がゆがみますので何も症状がなくとも月に一度程度受けることをお勧めいたします。お近くの均整院に一度でむいてみてください。