腕のしびれ

昨年末2度ほど肩の痛みで来院され完治した患者さんが今度は手のしびれで来院されました。小屋を解体して手を酷使した次の日から起こったとのこと。当院が遠いために近くのカイロプラクテイックに4日ほど通ったがよくならず整形に行ったらストレートネックでこれは治らないと言われ薬を5種類も出されたためにあわてて当院に来院しました。この方には均整体操を教えており毎日していたということですが、もう一度私の指示で行ってもらいました。何箇所か自己流になっていました。正しく行ってもらうと(均整筋肉体操基礎編)その場でしびれはなくなりました。あとは均整術で細かく調整しましたところすっかりよくなってしまいました。均整法では症状を追いかけることはしませんので様々な症状の方を取り扱うことができます。病院では首だけのものとしてとらえますが均整法では体全体のゆがみの歪がくびにでてその結果しびれが出たと判断します。ですからどんな症状の方でも体全体をみていくのが早く治すポイントになります。均整体操で体全体のゆがみをある程度但し、均整法で細かく調整しますと病気の改善、予防に最適となります。例えるならばホースのねじれを正し、ホースなかの掃除をするようなものです。結局この患者さんは月1回程度予防のために来院することになりました。皆様も一度均整法をうけてみては。